海外では歩行者の安全対策にエアバッグが増加!日本の状況は?

海外では歩行者の安全対策にエアバッグが増加!日本の状況は?


海外では歩行者用の安全対策として、
歩行者用エアバッグを搭載している車もあります。

誇者の方にもエアバッグによって衝撃を吸収させ、
大きな怪我や死亡事故を防ぎたいと考えているのです。

日本でも歩行者用エアバッグを搭載している車は作られていますが、

現在はまだ歩行者用エアバッグを搭載する車種が少なく、非常に珍しい機能と言えるのです。

海外では日本よりも早く歩行者用エアバッグが搭載された

2013年に販売されたボルボV40は、先進的な安全性能を確保した車として注目を集めました。

従来までのレーダーによるブレーキという方法だけではなく、
歩行者用エアバッグを搭載していたからです。

歩行者用のエアバッグを搭載したのはこの車が初めてで、
乗っている人以外にも安心できる車として販売されたのです。

元々ボルボは2008年に自動ブレーキを搭載した車を発表しており、
安全性という部分では一番早く取り組みを行っているメーカーです。

ボルボはさらに歩行者に対しても信頼と安全を確保したいと考えて、
V40から歩行者用エアバッグを取り入れる決断をしました。

この結果、ボルボは世界で初めて歩行者用エアバッグを導入したメーカーとなり、
より安全という部分を考えていると世界中で評判となりました。

歩行者用エアバッグが量産車にも取り入れられるようになったのは本当に画期的なものでした。
そして、世界でも歩行者用エアバッグの重要性が取り上げられるようになり、
他のメーカーも歩行者用エアバッグを取り入れる結果となったのです。

日本での歩行者用エアバッグは2016年から

https://www.subaru.jp/impreza/impreza/safety/safety3.html

ボルボが量産車に歩行者用エアバッグを搭載してから3年、
日本でようやく歩行者用エアバッグを搭載した車が販売されました。

それがスバルのインプレッサです。

元々インプレッサはレーシングカーとしても利用される車ですが、
スバルを代表とする車の1つとしても知られており、年々進化を続けています。

2016年に発表された新型インプレッサには、歩行者用エアバッグを搭載されました。

日本のメーカーとしては初めての試みで、
より安全性能を高めている車として注目されました。

インプレッサは運転性能だけではなく、
安全性能似もしっかり特化した車として、
スバルは新しい方向性を提供する形となりました。

日本での歩行者用エアバッグはまだ導入されている途中であり、
そう簡単に多くのメーカーに普及しているわけではありません。

ただ、今後必要となる可能性が高いことから、
メーカーとしては取付けられる方法を検討する段階に入っていることでしょう。

パーツなどカテゴリの最新記事

にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村