自動ブレーキシステムは会社によって異なる?どの技術が使われる?

自動ブレーキシステムは会社によって異なる?どの技術が使われる?


自動ブレーキシステムは作成しているメーカーによってシステムが異なり、
色々な方法でブレーキを自動的に作動させる方法を採用しています。

自動ブレーキシステムをしっかりと理解しておけば、
より安心して運転できる車が理解できるかもしれません。
現在自動ブレーキを搭載している会社は多くなっていますが、
それぞれに特色のある方法を使っています。

カメラを利用してブレーキを踏むシステムも

現在利用されている方法として、
カメラを利用して状況を確認しブレーキを踏むシステムを採用している会社もあります。

この技術を利用している代表的な会社はスバルです。
スバルはアイサイトという方法を国内で開発し、徐々に進化を続けています。
アイサイトは最初に登場したものよりも、
現在利用されているものの方が圧倒的に視野が広くなっており、
カラー画像での判断もできるようになりました。

カメラを利用した方法はマツダも利用しています。
マツダが利用しているアドバンスド・スマート・シティ・ブレーキ・サポートというシステムも、
小さいカメラを利用して検知を行い、最終的にブレーキを踏むシステムを使っています。

カメラはアイサイトに比べるとかなり小さなものが採用されていますが、
その分だけカメラが目立たなく作られているので、
カメラの位置が気になってしまう人にはいいかもしれません。

カメラを利用している会社はそれなりに多く、
日本独自に発展している技術の1つです。

安全設備のために、今後カメラを搭載しているブレーキシステムは増える可能性があります。

レーダーを利用しているブレーキも主流に

もう1つの自動ブレーキシステムとして、レーダーを利用しているブレーキが利用されています。

スズキのレーダーブレーキサポート、
トヨタのセーフティ・センスはレーダーやセンサーを利用し、
ブレーキシステムを作動させるかどうかを判断しています。

レーダーを利用しているものは、レーダーがしっかりと作動させられれば、
歩行者に対して追突する可能性は急激に低くなります。

レーダーを利用している方法は、今後さらに発展すると予想されています。

また、レーダーブレーキというのは、海外でも検討されている方法の1つで、
より安心してブレーキを作動させたいと思っている方に効果的な方法です。

自動的にブレーキを踏んでくれるレーダーシステムは非常にいいものですが、
技術に頼りすぎることなく慎重に運転することだけはしっかり続けるようにしましょう。

車の知識カテゴリの最新記事

にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村