タクシードライバー失業!?世界初となる自動運転タクシーとは?!

タクシードライバー失業!?世界初となる自動運転タクシーとは?!

未来を描く映画やSF小説などでたびたび登場する自動運転タクシー。

一昔前には“未来の乗り物”として考えられていましたが、このたび遂に試験運用が開始されました。

今回はそんな自動運転タクシーの全貌についてご紹介したいと思います。
一般道を運転手要らずのタクシーが行き交う日はそう遠くありません!

流行に乗り遅れないよう、しっかりとチェックしてくださいね。

世界初となる自動運転タクシーの運用

自動運転
2018年8月27日、世界初となる自動運転タクシーの試験運転が東京にて行われました。
今回の試験運用は、
次世代自動車の開発を行うベンチャー企業「株式会社ZMP」
と黄色いボディーでお馴染み「日の丸交通」が共同で運用を行いました。

気になる運行ルートは、大手町フィナンシャルシティグランキューブと六本木ヒルズを結ぶ約5.3㎞で、
8月27日〜9月8日までの約2週間、1日4往復に渡り利用客を乗せて運転を行いました。

乗車には予約が必要で、全ての予約がいっぱいになるほどの大盛況。

深刻なドライバー不足の解消や新しいタクシーの形を証明する実証実験として、
世界中が注目を集める中無事運用を終了しました。

2020年の実用化を目指す自動運転タクシー

2020年といえば、言わずと知れた東京オリンピック2020が開催される年。
東京でのオリンピック開催が決定したあたりから訪日外国人の数は年々増加していますが、

2020年にはおよそ3679万人の外国人観光客が来日すると予想されています。

近年のタクシードライバー不足や熟年化に歯止めをかけるべく、
今回の自動運転タクシーは大いに期待されており、2020年の実用化に向けて急ピッチで開発が進められています。

自動運転タクシーは熟練タクシー運転手の走行データやノウハウを基に
交通の流れに沿った自然な走行や乗り心地の良さを実現しています。

実際に乗車した方は、
「普通のタクシーと同じ。自動運転であることを忘れた。アグレッシブで驚いた」と、高く評価しています。

自動運転タクシーで懸念されるドライバーの失業

失業者が増えてしまうかも…
世の中が便利になる反面、
やはり“割りを食ってしまう人々”がいることも現実問題として忘れてはいけません。

自動運転タクシーが実用化されるとタクシードライバーの多くが失業されるのでは?と予想されており、
運転手の熟年化ゆえ、再就職が難しいのではないかとも言われています。

一方で「自動運転が定着化してもドライバーは失業しない!」と訴えている方も多いようで、
両者の意見が食い違えど国を挙げて注目したい問題であることに間違いありません。

Advertisement

自動運転タクシーで便利な世の中を


自動運転タクシーが実用化されると、運転手のないタクシーが当たり前の世の中になります。
2020年の実用化に向け、日々研究開発が進められている自動運転タクシー。

近い将来、我々の生活に欠かせない存在となるのは間違いなさそうです。
ぜひ機会があれば、地黄運転タクシーに乗ってその乗り心地を体験してみて下さい。

トレンドカテゴリの最新記事

にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村