ないと走行に影響が!?タイヤ交換時に耳にする”バランス”ってなに?

ないと走行に影響が!?タイヤ交換時に耳にする”バランス”ってなに?

何気なく行われているタイヤ交換の裏側に「バランス調整」という作業があるのはご存知でしょうか?ほとんどの方にとってはあまり馴染みのない作業だと思います。

クルマを走らせる上で大切なバランス調整。今回はそんなバランス調整とはなんぞや?というテーマでお送りしたいと思います。

タイヤのバランス調整ってなに?

バランス調整は、厳密には「ホイールバランス調整」と言い、タイヤの重心の位置を中心に調整してあげる作業のことを指します。

我々のような一般人ではなかなか調整するのは難しく、基本的にはプロに任せると良いでしょう。ホイールバランス調整には、専用の機械設備を要し、タイヤを装着し高速回転させます。その回転で得られた数値を基にバランスウェイトと呼ばれる小さな金属パーツを使って、調整を行っていきます。

バランスウェイトを付けた状態で再度タイヤを回し、適正な数値が得られると調整終了です。

基本的にホイールバランスは、タイヤ交換のタイミングで行うものですが、摩耗などが原因でズレが生じることもあります。そのため、タイヤ交換のタイミングはもちろん、定期点検などで確認しておいても良いでしょう。

調整しないとどうなってしまうの?

万が一、バランス調整を行わない状態で走らせると、クルマが必要以上に振動したりハンドルがブレるなど、運転に支障をきたす場合があります。

これは、回転するタイヤの重心にズレが生じているから起こる現象で、4本あるタイヤのうち1本でもズレているとこのような症状が現れます。特に高速道路を走行する際に、このような現象は顕著に現れます。

具体的に運転にどんな支障が現れる?

「バランス調整を行わないとブレが生じる」とお伝えしましたが、実際の運転ではどのような支障が現れるのでしょう。

あず、すぐに現れる現象が“まっすぐ走らなくなる”です。ホイールバランスが崩れていると、タイヤの回転にブレが生じます。4本とものタイヤが同じだけ回転しないということです。

そうなると、クルマはまっすぐ走ることができなくなります。低速ではあまり違和感を感じないかもしれませんが、高速になればなるほど危険性を感じることでしょう。

また、その後現れる症状として“偏磨耗”が挙げられます。偏磨耗とは、バランスが取れていないタイヤだけやたらと磨耗する現象のことで、これを長期間放置しておくとまっすぐ走れなくなる上、最悪バーストなどの事故に繋がってしまいます。

それに加えて、バランスが取れていないことで、他のパーツに負荷がかかり、サスペンションやネアリングなどのパーツを傷めてしまう可能性があります。そうなると、高額な修理費がかかる可能性も考えられます。

ですので、運転中に違和感を感じたら直ぐにプロに相談すべきということです。

ホイールバランスは大切!定期的に点検しよう!

ホイールバランスの大切さが伝わったでしょうか?

タイヤ交換の際には必ず必要な作業がホイールバランス調整です。万が一、運転に違和感を感じた場合、放っておくと重大な事故に繋がりかねません。

そうなる前に、できるだけ早くプロに点検してもらいましょう。

車検カテゴリの最新記事

にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村