【ランキングTOP3】市販化してほしい!衝撃的なコンセプトカーランキング!

【ランキングTOP3】市販化してほしい!衝撃的なコンセプトカーランキング!

実際にモーターショーなどに足を運んでコンセプトカーを見たことはありますか?

コンセプトカーとは、
展示を目的として開発されたクルマのことで、市販化されることはありません。

各自動車メーカーの技術やデザインの集大成、
それがコンセプトカーであり、近未来のテクノロジーを感じることができる夢のクルマです!

そこで今回は、決して市販化されることのない衝撃的なコンセプトカーを
ランキング形式で3つ発表したいと思います!

第3位|MAZDA「風籟(ふうらい)」

第3位|MAZDA「風籟(ふうらい)」

まず初めにご紹介するコンセプトカーは、MAZDA「風籟」です。

車名である「風籟」は、“風の音“を意味し、
風を切り進むレーシングカーをイメージして開発されました。

風籟は、2008年のデトロイトモーターショーで発表され、
まるでレースゲームに登場するような独特なビジュアルが特徴。
燃料は環境面に配慮しエタノールを使用し、実際に走行することが可能となっています。

しかし、2008年テスト走行中に火災を起こしてしまい全焼。
今はその勇姿を見ることができなくなった幻のコンセプトカーです。

第2位|BUGATTI AEROLITHE(ブガッティ エアロライト)

第2位|BUGATTI AEROLITHE(ブガッティ エアロライト)

「世界一高額な自動車メーカー」と言っても過言ではないブガッティからは
「BUGATTI AEROLITHE」がランクイン!

もし市販化されたら一体いくらの値段が付くのでしょう?
世界最速のクルマであるブガッティ ヴェイロンでさえ
新車販売価格が約2億円ですから、その辺りは越えてきそうな気がします。

ヘッドライトやバンパー部分など、まさにコンセプトカーといったデザインですが、
グリルの辺りからはブガッティの面影を感じることができます。
「まさに芸術!」と歓声が上がりそうな一品です。

Advertisement

第1位|VOLVO「360c」

第1位|VOLVO「360c」

これぞ未来のコンセプトカー!
スウェーデンの自動車マーカーVOLVOが発表したコンセプトカー「360c」は、
寝室、オフィス、リビング、エンターテイメントスペースなどの生活空間を実現した夢のクルマです!
上記4つの用途に応じたインテリアレイアウトに設定することが可能。

寝室として利用するときは足を伸ばせるほどの広々とした空間を、
オフィス、リビングとして活用する際は、対面式で会話することができる設計をと、
「忙しい現代人の限られた時間を有効活用できるように」がコンセプトとなっています。

また、こちらの360cは自動運転技術が搭載されており、
寝ている間や寛いでいる間に目的地に到着することができる
まさに未来のクルマを実現したかのようなコンセプトカーです!

市販化される可能性は極めて低いですが、
近い将来360cのようなクルマが登場することに期待しましょう!

コンセプトカーは私たちの未来!

コンセプトカーは私たちの未来を変える夢が詰まったクルマです。
今回ご紹介したコンセプトカーが市販化されることはありませんが、
近い将来同様の技術を搭載したクルマが登場することは間違いないと思います!
あの日映画で見た未来のクルマ、1日も早く登場することを期待しましょう!

レア車カテゴリの最新記事

にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村