誰でも一度は観たことがある!往年の名車デロリアンとは?

誰でも一度は観たことがある!往年の名車デロリアンとは?

ハリウッドの名作『BACK TO THE FUTURE(バック・トゥ・ザ・フューチャー)』をご覧になられたことはありますか?

主人公のマーティーと友人で発明家であるドクが、タイムマシンに乗って過去や未来を行き来するSF超大作です。映画好きならもちろんのこと、観たことがないという方でもタイトル名ぐらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。

そんな不朽の名作であるバック・トゥ・ザ・フューチャー・を語る上で忘れてはならないのが、車型のタイムマシン。そうです、『デロリアン』です。

デロリアンは映画の中だけではなく、実際に市販されていた名車として現在でもマニアの間で愛される伝説のクルマです。

そんなデロリアンをご存じない方のために、この記事ではどんなクルマなのか?なぜ人気なのか?などについてご紹介したいと思います。

往年の名車デロリアンとは?

デロリアンとは、自動車大国であるアメリカにかつて存在した自動車メーカーのことを指します。実際に映画で使用されたのは「DMC–12」というモデルで、1981年から1983年の2年間のみ生産されていました。ちなみにモデル名である“DMC”は、

「DeLorean Motor Company」

の略で、車両前方のエンブレム部分にその名が刻まれています。

車体の外部が無塗装のステンレスで覆われ、運転席及び助手席のドアは両側ガルウィングの2ドア仕様となっており、個性的な魅力からかの有名な映画で使用されたとも言われています。

発売当初の売れ行きは好調で、イギリス政府の支援を受け、北アイルランドに工場を設立。

1981年には4ドアモデルのデロリアンが発表されていましたが、その後、好調だったはずの売れ行きが右肩下がりに。と同時に、デロリアン社の代表であったジョン・ザッカリー・デロリアン氏がコカイン密輸の容疑で逮捕されました。

後に無罪が認められたものの、資金繰りが上手く回らなくなり、会社が倒産しました。

最終的に「DMC–12」はおよそ9,000台ほどが生産されたとされたおり、現在ではマニアの手によって保管されている以外は、姿を消したとされています。

映画の爆発的ヒット!デロリアン人気のきっかけに!

「BACK TO THE FUTURE」は3シリーズに及ぶ超大作で、公開当時“フューチャー現象”と呼ばれるブームが巻き起こるほどの大ヒットを記録しました。

もちろん、その特徴的なフォルムでお馴染みのデロリアンも、映画の爆発ヒットと共に名声を欲しいままにしました。

世界中でバック・トゥ・ザ・フューチャーが公開されるや否や、多くの映画ファン・カーマニアから注目を集め、今となってはクルマに詳しくない人でも、デロリアンを知っている方は少なくありません。

しかし、会社の業績の煽りを受け、わずか2年間という短い期間で生産終了となりました。

デロリアンはかっこいい!映画でその勇姿を確認せよ!

デロリアンについてご理解頂けましたでしょうか?

今ではイベント以外では滅多に見る機会がなくなってしまったデロリアン。よほどのマニアでない限り、所有している人は少ないはずです。

また、そもそも2年間しか生産していなかったこともあり、かなり希少価値の高いクルマということです。

もし、デロリアンにご興味があるようでした、ぜひとも映画「BACK TO THE FUTURE」でその勇姿を確認してみてください。きっとデロリアンの虜になることでしょう。

外車カテゴリの最新記事

にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村