全ての車に必要?車庫証明のアレコレを解説します!

全ての車に必要?車庫証明のアレコレを解説します!

“車庫証明”

クルマをお持ちの方なら一度は耳にしたことがある単語ではないでしょうか。

ただ、クルマを買う時ってバタバタするもの。

「車庫証明はクルマ屋に任せた!」

「何となく取った気はするけど…」

のように、イマイチ「車庫証明とはなんぞや?」ということを理解されている方は少ないように感じます。

そんな方のために車庫証明とはどのような書類なのか?どうして必要なのか?アドをまとめてみました。

車庫証明とは?

車庫証明とは、正式名称を「自動車保管場所証明書」と言います。

お持ちのクルマの保管場所を警察が証明した書類といったイメージでしょう。つまり簡単にいうと、ご自身のクルマの駐車場所を警察が許可しているよ!という内容が書かれた書類ということです。

車庫証明は、クルマを保管する住所を管轄する警察署で入手することができ、必要書類さえあれば誰でも取得することが出来ます。

どうして車庫証明が必要なの?

では、なぜ車庫証明なるものが存在するのでしょうか?

車庫証明には大きく分けて、

  1. 道路以外の場所をクルマの保管場所として確保することで、道路交通が円滑に行くようにする

  2. 陸運局で登録申請を行う際に車庫証明が必須となる

2つの理由が挙げられます。②に関しては、登録上の都合による理由なので省きますが、車庫証明が必要な正当な理由としては①が分かりやすいでしょう。

つまり、警察が許可した保管場所にクルマを駐車することで周りの交通状況の妨げにならないようにするためということです。

車庫証明がなかったらどうなる?

自動車の保管場所を証明する書類が「車庫証明」ですが、もしこの車庫証明という制度がなかったら日本の交通状況はどうなるのでしょうか?

仮に車庫証明が存在しない場合、路上駐車などが日常茶飯事となってしまいます。もちろん、大きな国道だけでなく市道や県道なども同様で、皆が好き勝手な場所にクルマを停める現象が常態化してしまいます。そうなるとどうなってしまうかは安易に想像できますよね。

新奥な交通渋滞を招き、事故が多発。スムーズにクルマが流れないため、緊急車両等も立ち往生してしまいます。そうなると日本の交通網は完全に麻痺してしまいます。

そのようなことに陥らないためにも、車庫証明は必要となるわけです。

車庫証明は大事な証明書 全てのクルマに必要という訳ではない

車庫証明とはなんなのか?また、車庫証明の必要性についてお解り頂けましたでしょうか?

日本の交通状況をスムーズにするために存在する車庫証明ですが、実はどの市町村でも絶対に必要という訳ではありません。

地方によっては軽自動車に限り車庫証明が必要ないこともあります。もし、今後クルマの購入を検討されているのであれば、お住いの市町村では車庫証明が費用かどうかを事前に確認しても良いかもしれません。車庫証明は、ご自身でも取れますし車屋さんに代行でお願いしても取得できます。

ぜひこの記事を参考に、今後のクルマ購入に役立ててくださいね。

車の知識カテゴリの最新記事

にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村