これを知ればもう怖くない!首都高を走る際のポイントとは?

これを知ればもう怖くない!首都高を走る際のポイントとは?

「首都高を走る際のポイント」

日常的に首都高を運転するドライバーにとって、これは大した問題ではないでしょう。

普段から走り慣れている方にとって「首都高を走る」と言うのはごくごく日常の一コマ。なんの恐怖心もなくスムーズに運転できることでしょう。

しかし、運転に不慣れな女性や初心者、地方出身者などにとっての首都高は別格です。合流が多い、交通量が多い、流れが早いなど、慣れていない人間にしてみればハラハラドキドキの連続。安心してハンドルを握るのは容易ではありません。

そこで今回は【首都高を走る際のポイント】についてまとめてみました。近々首都高を利用するんだけど…と言う方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

首都高を走る際のポイントその1|ナビ頼りにならない

首都高を走る際は、

「カーナビが付いているから余裕!」

と慢心するのは避けましょう。その理由に、GPSの精度が挙げられます。

首都高や大阪環状線など、一般道の上を走る高速道路を走行する際に、GPSが「今一般道を走行している!」と勘違いを起こすケース、経験したことはありませんか?

高速道路上なのに「この交差点を左折です」「目的地に到着しました」など、誤った案内をされ、アタフタした経験がある方も少なくないはず。もし、交通量の多い首都高でそんな事態が起こってしまったらどうなることでしょう?恐らくパニックを起こして、運転が怖くなってしまうはずです。

ですので、ナビに頼ってばかりではなく、事前に降りるICや目的地までの道のりを把握しておくことがポイントとなってきます。

首都高を走る際のポイントその2|合流の際は先にウインカーを出しておく

首都高を走る上でポイントになってくるのが「合流」です。

首都高はとにかく交通量が多い上、JCTや入り口などが点在しています。そのため、本線へ合流するシーンが多々あります。運転に不慣れな方で一番危険を感じるのは合流ポイントです。そのため、合流をスムーズに行えることが首都高攻略の鍵を握っていると言うこと。合流の際は、早めにウインカーを点灯させ、しっかりと意思表示することが大切です。よほど悪質なドライバーでない限り、合流を阻むクルマはそうそういないはずです。

それでも不安を感じるのであれば、窓から手を振るなどしてしっかりと意思表示するようにしましょう。

首都高を走る際のポイントその3|とにかくリラックスする

これは首都高を走る際だけでなく、クルマを運転するすべてのシーンで言えることです。

運転中は好きな音楽を聴く、搭乗車との会話を楽しむなど、とにかくリラックスするよう心掛けましょう。「信号がない一般道」と思って、楽な気持ちでハンドルを握ると良いかもしれません。

肩の力を抜いてハンドルを握ることこそ、首都高を走る際のポイントだと言えるでしょう。

ポイントを押さえて楽しいドライブを!

首都高は便利な反面、運転に不慣れなドライバーにとって出来れば避けて通りたい道です。

合流の多さ、クルマの多さ、流れの速さなど、普段首都高を利用していないドライバーにとって、首都高攻略は難題です。

しかし、しっかりとポイントを押さえていればそんなにハードルは高くないはず。肩の力を抜いて、普段通りの運転を心掛けることで、首都高は非常に便利なものへと変貌します。

ぜひ、首都高を運転される際は、今回のポイントを思い出してみて下さい。

未分類カテゴリの最新記事

にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村