マイカーを未来仕様に??HUDネオトーキョーシリーズがすごい

マイカーを未来仕様に??HUDネオトーキョーシリーズがすごい

運転している際の車の情報は、常に運転席に付けられているメーターを見ながら確認します。
しかし運転席のメーターを見ていると安全な運転ができているわけではありません。

メーターを見ているというのは、前を良く見ていないという問題につながり、安心して運転ができている状況ではないのです。

そこで最近取り上げられているのが、HUDネオトーキョーシリーズを付けるというものです。
HUDネオトーキョー OBD-X1 ヘッドアップディスプレイ 速度計 タコメーター 水温計 電圧表示【対応車種:2010(平成22)年9月以降発売車種(ハイブリッド車対応)】

これはヘッドディスプレイとして販売されている商品で、
メーターに表示されている情報がガラスを通じて確認できる便利なアイテムです。

車に取り付けるだけで画面で情報が確認できる

HUDネオトーキョーシリーズは、OBD2タイプとGPSタイプが販売されています。
OBD2タイプは以前から販売されていて、あらゆる情報が1つのディスプレイで集約されています。

しかし、OBD2タイプは車種によっては搭載できない問題も抱えていて、一部の車種しか取付は行えないのです。

一方でHUDネオトーキョーシリーズが提供するGPSタイプは、速度と一部の情報が表示されています。

OBD2タイプでは現在の時間なども表示されますが、GPSタイプは小型のため表示できる情報が制限されています。
その代わりどの車種でも搭載が可能で、これまで搭載できなかった車種もHUDネオトーキョーシリーズを付けられるのです。

GPS駆動タイプは、GPSとシガーソケットを使って動かすタイプですので、どの車種でも簡単に取付が可能です。
取り付けるとガラスに映し出される情報を見て、運転の速度が早いのか遅いのかを判断できます。

HUDネオトーキョーシリーズは安全性アップに貢献

ガラスに情報が映し出されるHUDネオトーキョーシリーズは、
メーターを見ている時に前方不注意という問題が起こりづらくなります。

フロントガラスに情報が表示されますので、これまでメーターの画面を見ていた時よりも前方を見やすくなり、
前方不注意による事故が軽減されるのです。

また、夜間などの暗い場所でもしっかり情報が表示され、夜間の運転ではより安全に運転できるメリットを持っています。

これまでメーターの画面などを見ながら運転している際、事故を起こす可能性が高くなっていました。
しかし、HUDネオトーキョーシリーズによって、前方不注意の可能性が劇的に下がっています。

さらに、ガラスに運転上のデータが表示されるというのは、
近未来的な要素を持たせるため、普段の運転にも新しさを感じられます。

より新しい運転を考えたい方にお勧めの商品です。

パーツなどカテゴリの最新記事

にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村