王道中の王道アメ車!セレブが愛してやまない【HUMMER(ハマー)】の魅力とは?

王道中の王道アメ車!セレブが愛してやまない【HUMMER(ハマー)】の魅力とは?

“アメ車”と聞いて皆さんはどんなことを想像しますか?

「でかい!」「ド派手!」「大排気量!」「高い!」「豪華!」など、感じるものは人それぞれです。日本人がよく知るアメ車と言えば、シボレー、キャデラック、ジープ、フォード、クライスラーなど、テレビや雑誌で度々取り上げられる、いわば「アメ車の定番」ではないでしょうか。

その中でも群を抜いて認知度、人気度が高いのが、今回ご紹介する【HUMMER】でしょう。

HUMMERと言えば、超ビックサイズのボディに軍用車のような厳ついフォルムなど、圧倒的な存在感でお馴染み。街中で見かけると「あ!ハマーだ!」とついつい口走ってしまうほど、目立つ存在です。

今回はそんなアメ車中でも王道中の王道「HUMMER」の魅力についてご紹介したいと思います。

GMのSUVブランド!それがHUMMER!

HUMMERは、アメリカに本社を置く自動車メーカー「GM(ゼネラルモーターズ)」がかつて製造販売していたSUVブランドです。

同ブランドは1992年に誕生し、2010年までのおよそ18年間に渡って世界中のセレブをはじめとする多くのファンから絶大なる人気を博しました。

2010年に第一線を退いたHUMMERですが、現在でも中古車市場では高値で取引が行われており、若い世代を中心にその人気が冷めることを知らない人気車です。

有名な話ではありますが、HUMMERのSUVは、アメリカ軍で使用されている軍用車両「ハンヴィー」が原型とされており、世界でも屈指のボディサイズを誇るSUVです。

日本国内では、国土交通省北海道開発局や北海道警察などの公的機関、NTTドコモなどの一般企業では災害対策用車両としても採用例があります。

また、一部の型では車両重量の関係で準中型車に分類されます。2017年3月以降に普通自動車免許を取得した場合、運転することが禁止(無免許運転)されています。ただし、それ以前に免許を取得された方であれば運転することは可能です。

ハマーH1が3,000万円オーバーで復活!

2010年に製造が終了したHUMMERですが、3,000万円オーバーで復活しました。

この度ハイスペックSUVとして復活を遂げたハマーを手がけたのは、アメリカカンザス州を拠点とするチューナー「Mil-Spec Automotive社」です。

もともと圧倒的な存在感を放つHUMMERですが、今回の復活に際して、

・ボディを約20cm拡大

・アフターバーナー・グレイ塗装(ジェット機に採用)で仕上げ

・6.6リッターV8エンジンを搭載

・サラウンド・サウンドシステムを採用

・4ドアハードトップ、ワゴン、ピックアップ、2ドアハードトップなどの多彩なボディバリエーションがラインナップ

など、これまでのHUMMERをより一層パワーアップさせたのが今回のH1です。

この度復活した「ハマーローンチ・エディションH1」はフルオプションでおよそ3,300万円で販売されています。

HUMMERはみんなの憧れ!注目度NO.1!

ハマーの魅力、感じて頂けましたでしょうか?

我々一般人には到底手の届かないハマー。リゾート地などでは比較的低価格でレンタルすることも可能です。もし、機会があれば一度乗車してみてはいかがでしょう?その圧倒的存在感に病みつきになること間違いなしです。

外車カテゴリの最新記事

にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村