日本車って本当にスゴイ!世界に誇る3つの技術をご紹介

日本車って本当にスゴイ!世界に誇る3つの技術をご紹介

japan
技術大国、日本。

ファッション、食文化、家電製品、建築物、鉄道など、その高い技術力は世界中の様々なシーンを支え、人々の生活を豊かなものにしています。

今回は、そんな日本が誇る技術力の中でも、最も優れていると言われる【自動車技術】についてお話したいと思います。
ぜひこの機会に、日本車の優れた技術力についてご興味を持って頂ければと思います。

世界最高峰の「燃費技術」

燃費
まずご紹介するのが「燃費」について。

この「燃費」に関しては、
テレビCMや雑誌で毎日のように「世界最高クラスの低燃費」などのワードを目にしているのではないでしょうか?

もちろん日本車は、世界トップクラスの高燃費を誇り、
ホンダFITでは37.2㎞/ℓ、TOYOTAプリウスでは40.8㎞/ℓという高燃費をマークしています。

これは、プジョー308(平均燃費21.0㎞/ℓ)や
フィアット500S(平均燃費26.6㎞/ℓ)を大幅に更新し、
世界で最も燃費の良い車としてその地位を確立しています。

EVやPHVには欠かせない存在「リチウムイオン電池」

リチウムイオン電池
今や当たり前のように目にするハイブリッドカーや電気自動車。

バッテリーや電気の力を使って走行する両者は、日本が最も得意とする自動車技術のひとつでもあります。

そんなハイブリッドカー、電気自動車を影で支えているのが「リチウムイオン電池」なのです。

リチウムイオン電池には、軽量かつ小型で大容量といったメリットがあり、
ガソリンに変わる自動車エネルギーとして多くの自動車メーカーが注目を集めています。

そんなリチウムイオン電池ですが、実はその生みの親こそが日本人なのです
開発は旭化成、量産はソニーとどちらも日本が誇る大企業であり、
こちらも“日本車が誇る技術力のひとつ”として忘れてはならないものだということです。

Advertisement

事故の被害を最小限「歩行者用エアバッグ」

エアバッグ
「歩行者用エアバッグ」、あまり聞きなれないフレーズかもしれません。

歩行者用エアバッグとは、自動車と歩行者が衝突した際に、
ボンネットなどの堅牢部分で頭や体を強打することを防ぐ装備です。

自動車が歩行者との衝突を検知すると、100分の1秒という速さでエアバッグが発動。
万一に備え、ボンネットとフロントガラスの間からエアバッグが展開する仕組みとなっています。

日本車では、SUBARUインプレッサに全車標準装備されており、
今後益々広がるのでは?と言われている日本が誇る自動車技術のひとつなのです。

日本車ってほんと凄い!世界トップクラスの技術力!


いかがでしたか?

日本車には、世界に誇る技術がたくさん詰まっているということがお分かり頂けたのではないかと思います。

今回は

  • 燃費
  • リチウムイオン電池
  • 歩行者用エアバッグ
  • の3つに焦点を当ててお話しさせて頂きました。

    今回ご紹介した以外にも、日本車には多くの技術が詰まっています。

    ぜひこの機会に、世界に誇る日本の自動車技術に興味を持って頂ければ幸いです!
    また、機会があればご紹介させて頂きますね。

    車の知識カテゴリの最新記事

    にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
    にほんブログ村