本当に得するの?残価設定型自動車ローンのメリット・デメリットとは?

本当に得するの?残価設定型自動車ローンのメリット・デメリットとは?

クルマを購入する際、販売店のセールスマンからこんなことを言われることがあります。

「月々の支払いが抑えられる残価設定型自動車ローンはご存知ですか?」と。

なんとなくテレビCMなどで耳にしたことがあるかもしれませんが、詳しくは分からないなんて方が非常に多い気がします。

今回は、そんな残価設定型自動車ローンとは?また、残価設定型自動車ローンのメリットおよびデメリットとは?ということについてご紹介したいと思います。

今後のクルマ購入の参考にしてみて下さい。

残価設定型自動車ローンとは?

残価設定型自動車ローンと聞くと何だか難しく感じてしまいます。

概要を簡略化して説明すると、

「次回クルマを買い換える際の下取り分を、今回購入する車体代金からあらかじめ差し引いて、残った分を分割で支払っていく」ということです。

残価設定型自動車ローンには3年プラン5年プランがあり、3年後5年後の残価を引いた車体価格を分割するということです。おおよそにはなりますが、3年プランで車体価格の50〜60%、5年プランでは70〜80%の価格でクルマを購入することができます。

また、残価設定型自動車ローンの特徴の1つとして、プラン満了時にクルマを返却し新たなクルマを購入する、あるいは残った残債を精算して買い取るかを選ぶことが可能。そうすることで、通常のオートローンを組むよりも安い価格でクルマを買い換えることができます。

残価設定型自動車ローンのメリットとは?

残価設定型自動車ローンのメリットとは一体どのようなものなのでしょうか?メリットは以下の通り。

・定期的にクルマを買い換えることができる

・月々の支払いが抑えられる

・契約終了時の買取価格が保証されている

など。

一概には言えませんが、一般的なオートローンよりも金利が安くつく場合があります。また、残価設定型自動車ローンで新車を購入すると車検が不要となる場合があります。新車購入時の初回の車検は購入から3年後ですから、契約終了のタイミングで手放すと車検を受ける必要がなくなるという訳です。

残価設定型自動車ローンのデメリットとは?

では反対に、残価設定型自動車ローンのデメリットとはどのようなものが挙げられるでしょうか?主なデメリットは以下の通り。

・規定以上の走行距離である場合追加料金を支払う必要がある

・同じ販売店で買い換えるといった縛りが出る

・契約終了時、残価を一括または分割で購入する場合、金利が上乗せになる

などがあります。

メリットの部分で「買取価格が保証されていると」記載しました。実はこれには諸々の条件があって、契約時に「走行距離が◯◯km以下、点検・整備を受けている、査定額の下り幅が◯点以内、違法改造がされていないこと」など、細かな条件があります。

よって、買取価格が保証されていると言っても、諸々の条件を満たしておく必要があります。万が一、条件を満たしていないと査定額が下がるほか、追加料金を支払う必要があるので要注意。

残価設定型自動車ローン|まとめ

今回は残価設定型自動車ローンについてご紹介しました。人によって月々の返済額の限界やクルマを買い換えるタイミングはそれぞれ。一概に「残価設定型自動車ローンが良い」とは言いませんが、こんな購入方法があるんだということは頭に入れておいてもらいたいと思います。

車の知識カテゴリの最新記事

にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村