注目を集めるスズキ新型ジムニー!どの部分に変化がある?

注目を集めるスズキ新型ジムニー!どの部分に変化がある?


引用:スズキ

スズキはジムニーの新型を製造し販売すると発表しました。
ジムニーはマイナーチェンジこそ行われていましたが、新型の販売は20年ぶりです。

これまでのマイナーチェンジ程度の変更ではなく、大胆に刷新されたジムニーは世界中で注目されており、
早くも納車が年明けになるのではないかという噂も出ています。

ジムニーの変化は外観というより、内部の変更が多く行われています。

前のジムニーとどの部分が異なっているのか、新型ジムニーの変更点を紹介します。

新型ジムニーは見た目はそこまで変化なし


引用:スズキ

ジムニーはスズキが販売しているハスラーと似たようなライトが付けられています。

新型になって角形のライトから丸形のライトに変更され、ライトの部分で違いは確認できます。

そして車高が少し高くなり、車の高さという部分が以前までのジムニーよりも感じられる造りとなっています。

しかし、ジムニーの見た目は従来までとあまり変わっておらず、誰が見てもジムニーじゃないかと思えるような角ばった車体はそのままです。

車体の全長も幅も変わっていないため、外観はライトと車高、カラーバリエーションの変化だけなのです。

内部に変化あり!新型ジムニーは車内泊も可能?


引用:スズキ

内装は大幅に変更され、ジムニーはより運転しやすいシートを確保しています。

また、20年間製造されたジムニーではできなかったシートをすべて畳むことが可能となり、
車内のシートをフラットない状態に変更できます。

このフラットな状態を作れるため、ジムニーでの車内泊が可能となりました。

エアコンはフルオートエアコンを採用、ヒーテッドドアミラーによってミラーの曇りも軽減させており、
より運転しやすいジムニーへと変化しています。


引用:スズキ

安全設備はデュアルセンサーブレーキを採用し、
これまでスズキの車に搭載されていたレーダーブレーキサポートがジムニーにも搭載されています。

またシートベルトやエアバッグなどの性能も強化され、現行で最大級の安全性能を確保しています。

エンジンも新しいものが採用されました。

新型エンジンは燃費が向上し、従来のジムニーよりも1リッターあたり3キロほど長く走行できるようになりました。

これはスズキが燃費向上を図るためにエンジン開発を続けた結果、ジムニーに搭載するエンジンでも低燃費を実現できたのです。

安全で長距離の運転が可能となり、悪路の走行もサスペンションの強化によってさらに快適になりました。

新型ジムニーは従来までのジムニーを大きく超える安心感と運転性能を確保したのです。

ジムニーカテゴリの最新記事

にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村