驚異のドライブテクニック!トラック使って家一件丸ごとお引っ越し【ニュージーランド】

驚異のドライブテクニック!トラック使って家一件丸ごとお引っ越し【ニュージーランド】
http://kyojusoku.com/archives/59713258.html

少し前の話になりますが“世界衝撃映像”的な番組で
【トラックに家一軒を丸ごと乗せてお引っ越し】みたいな衝撃的な内容が放送されていました!
はじめ見たとき「なにこれ!?どういうこと??」となりましたが、
文章の通り人間や家具だけが引っ越す訳ではなく、
家一軒丸ごとトラックに載せて引っ越すのです!われわれ日本人の感覚ではとうてい理解不能です。笑

そんなぶっ飛んだ発想を持つ国こそが、ラグビー大国であり太平洋に浮かぶ楽園!
そう、ニュージーランドです!
今回は、そんなクレイジーな国ニュージランドの引っ越し事情について迫りたいと思います!

引っ越しは命がけ!?ニュージーランドの引っ越し事情!

https://hikkoshi-rakunavi.com/wp/?p=9585

何度もお伝えしていますが、ニュージーランドの引っ越しは『家ごと』です。

私たちの引っ越しの感覚といえば“引っ越し先や部屋を決め、
家具や家電を動かしたのちに自分たちも移動する”と言うのが一般的です。

しかし、ニュージーランドの引っ越しは桁外れ!
まずは移り住みたい場所を決め(ロケーションや土地の値段によって決める)、
その後引っ越し業者に依頼し、トラックに家一軒丸ごと載せて数時間から数日かけて
お目当の場所まで家を移動させるといった様子。

Advertisement

トラックに乗らない場合は家を解体しちゃう!

https://hikkoshi-rakunavi.com/wp/?p=9585

トラックの積載量には限りがあるため、
屋根や部屋、駐車場などをバラバラに解体させた上で載せるケースも多々あるようで、
家をどう切り分けるか?どのように負荷なくトラックに載せるか?
など、移動前から業者たちの戦いは始まっているのです!

移動中は超慎重に!障害物だらけの道中!

http://iewouru.com/archives/217

いざ準備完了!となったとしても、積載物は家丸ごと一軒です。笑 
万が一のことがあっては依頼主にかなりの迷惑・損害を与えてしまいます。

目的地までの最短かつ最善のルートを決め、
「歩いた方が早いんじゃないの?」と思わず言いたくなるようなスピードで移動し、
慎重かつ丁寧に細心の注意を払って目的地を目指します!

もし道路標識などで進むことができなくなった場合は、
標識を引っこ抜いたり曲げたりと、ありとあらゆる方法で突き進みます!
その辺りはさすが海外!といった感じですね。笑

目的地に着いたら家の復旧作業!

長い道のりを終え、目的地に到着したら最後の仕上げ!家の復旧です。

引っ越し業者は家を解体させたかと思うと、
トラックを運転し更には家の復旧と「大工さん+ドライバー」のような職人技で
依頼者の引っ越しのお手伝いを行います。

引っ越し前にバラバラに解体した家も、あっという間に元通り!見事に引っ越しを成功させると言うわけです。

ニュージーランドの引っ越しは日本じゃ考えられないスケール!

ちなみに日本で同じような引っ越しを行うと、

・道幅が狭く走行できない
・コストが掛かり過ぎて従来の引っ越しの方が割安
・そもそも電柱などの障害物が多過ぎる

などの弊害が生まれてきます。
「家一軒丸ごと引っ越し」は、
道路も広く豪快なニュージーランドという国だからこそ実現可能な方法なのかもしれません。

ニュージーランドに行くことがあれば、もしかすると目撃することができるかもしれません!
日本に居てもあらゆるシーンでトラックは活躍しています。

ただ、今回は“トラック”と言っても、
こんな活躍の仕方があるんだ!ということを知って頂きたくご紹介させて頂きました!

仰天カテゴリの最新記事

にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村