愛車のメンテは大丈夫?エンジンオイル交換をしないとこうなる!

愛車のメンテは大丈夫?エンジンオイル交換をしないとこうなる!

エンジン

愛車のエンジンオイル交換は定期的に行っていますか?
使用しているお持ちの車種や使用しているオイルの種類によって交換時期は様々ですが、
おおよそ15,000kmまたは年に一度交換するのが適切だと言われています。

しかし、うっかり交換時期を過ぎて
タイミングを逃してしまっているユーザーさんもたくさんいるのが現実。
そうなると大切なクルマは一体どうなってしまうのでしょう?

オイル交換はなぜ必要?放っておくと廃車の恐れあり!?

「クルマの血液」とも言われるエンジンオイル。
そもそもなぜ交換する必要があるのでしょう?

クルマのエンジンは、たくさんの金属パーツからできていることはご存知かと思います。
走行中のクルマのエンジン内部では、常に金属パーツ同士が激しく摩擦し合い、
かなり高温になっています。ピストンやシリンダーがそのパーツに当たるものです。

万が一、エンジン内にオイルという潤滑油がないと仮定します。
金属パーツが摩擦によってボロボロに擦り減りエンジン内は鉄粉だらけ。
つまりエンジン自体が故障してしまいます。

そうならないためにもエンジンオイルは必須。エンジンオイルは、
金属パーツ同士の摩擦を軽減させるほか、エンジンが発生させる熱を下げる効果があります。

つまりエンジンを摩擦と熱から守っているということです。
したがって、エンジンオイルというのは常に過酷な状況下で働いており、
劣化が進んでしまうという訳です。

オイルの劣化が進むとどうなる?代表的な症状をご紹介

とは言え、かなり意識しておかないとオイルの交換時期を忘れてしまいます。

もし、交換時期を過ぎると愛車はどのような症状が現れ出すのでしょうか?

  • 燃費の低下
  • エンジンオイルの交換時期が近づいてくると「燃費が悪くなったかな?」と感じ出す場合があります。これまで1リットルのガソリンで10km/h走行していたクルマが9…8…7…と徐々に燃費が低下していきます。著しく燃費が悪くならなければなかなか気付かないかもしれませんが、オイル交換の時期が近づいている症状の1つです。

  • パワーダウンを感じる
  • 「以前より少しパワーがなくなったかな?」と感じれば、それはオイル交換のサインです。実は、オイルが劣化するとアクセルを踏み込んだときのパワーにまで影響してきます。
    明らかに体感できるほどのパワー低下を感じるのであれば、それは危険信号。かなりエンジンが痛めつけられている証拠です。高額な修理費がかかるケースです。

    エンジンオイルは定期的に交換を!忘れていたでは最悪のケースにも

    クルマの中で最も高額なパーツがエンジンです。
    そのエンジンを保護する役目を担うエンジンオイルは、
    絶対に忘れてはいけないメンテナンス箇所です。

    万が一交換を忘れてしまうと、高額な修理費がかかる上、
    最悪廃車という選択を迫られる場合だってあるのです。

    ただ、定期的に交換することでクルマという乗り物は、
    長く付き合えるパートナーです。

    ご自身の愛車のエンジンオイル、交換時期は大丈夫ですか?

    ☆エンジンオイルの交換時期についてはこちらの記事もどうぞ!☆

    交換時期はいつが適正?知っておきたいエンジンオイルのこと

    車検カテゴリの最新記事

    にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
    にほんブログ村