【速度超過】行楽シーズンにご注意を!オービスが光るとこうなる!

【速度超過】行楽シーズンにご注意を!オービスが光るとこうなる!


ゴールデンウィークやお正月など、「家族揃って遠出!」って本当に楽しいですよね!
予定を立てて旅行、思い立ってクルマでドライブなど、行楽シーズンには楽しみがいっぱい!
ついついクルマに乗ってどこかへ出かけたくなるというものです!

しかしそんな楽しい雰囲気を一瞬にして壊してしまうのが“自動速度違反取締装置”
いわゆる「オービス」です。

今回は、行楽シーズンだけでなく
高速道路を走る際に絶対に気をつけたいオービスについてご紹介したいと思います!
せっかくの楽しい時間、ピカッとオービスが光ってしまっては残念です。
ぜひこの記事を参考に、制限速度には気をつけてみて下さい!

そもそもオービスってなに?


引用元:Wikipedia

高速道路を走っていると「オービスだ!」と度々耳にするのではありませんか?
前述したように、オービスとは正式名称を“自動速度違反取締装置”のことを言います。
そうですね、読んで字のごとく「自動でスピード違反をしているクルマを取り締まる装置」のこと。
高速道路を走行している際に、
【スピード注意 自動速度取締機 設置区間】というような標識を見たことはありますか?
あれがいわゆる“オービス”が設置されている区間のこと。

オービスは、高速道路以外にも幹線道路や事故多発区間、
速度超過違反が多発している場所に設置されており、高速道路では40km/h以上、
一般道では30km/h以上の速度超過を確認した際に発動。速度超過を検知した際に、
赤色のストロボライトが発光し、それと同時に該当車両の撮影を行っています。

オービスで撮影されると、数日から30日以内に管轄の警察署から該当車両の所有者に出頭通知が送付され、
事情聴取ののちに罰金や減点などの処分を受けることになっています。

オービスにはたくさんの種類がある!


引用元:Wikipedia
一口に「オービス」と言っても、
・レーダー式
・ループコイル式
・Hシステム
・LHシステム
・移動式
・新型小型オービス
の6つがあります。

日本国内において、最も設置数が多いのが「Hシステム」と呼ばれる装置で、
光らせてしまったら確実に出頭命令が下される高性能なオービスです。

Hシステムは主に高速道路を走行する際に見かけられ、
車線上部に白い正方形型のアンテナが設置されています。

従来のオービスはフィルム式が主流でしたが、
デジタルで撮影されるHシステムの登場により、撮影時のフィルム切れがなくなった他、
撮影したデータはすぐさま管轄の警察署に転送されるようになりました。

よって、Hシステムで撮影された写真からは
何の言い訳も出来ないぐらい優れた撮影力を持っているということです。

Advertisement

お出掛けの際は速度違反に十分に注意しましょう!

高速道路や幹線道路でたびたび目にするオービス。
近年ではオービスの性能も格段に上がり、
出頭命令が来ればほぼ100%の確率で検挙されると思っておいたほうが賢明。
まずはスピードを出し過ぎず、安全運転を心掛けることが大切だということです。

これからのシーズン、家族や友人たちとドライブがてら遠出する機会が増えるのではないでしょうか?
その際は、ぜひこの記事を思い出して安全運転に努めてみて下さい!

車の知識カテゴリの最新記事

にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村