ペダルの踏み間違いは車で警告を出す!ただブレーキは自分で踏もう

ペダルの踏み間違いは車で警告を出す!ただブレーキは自分で踏もう


よくアクセルとブレーキを踏み間違えて、
店に車を突っ込ませるという事故が起きています。

この事故の原因は焦っていたあまり、
アクセルとブレーキのペダルと間違えて踏んでしまう問題が大きな理由です。

自動車を販売しているメーカーとしても、
アクセルとブレーキの踏み間違いは避けるため、
近年は警告を出すような機能を取り付けています。

ペダルの踏み間違いで警告音を鳴らす車


1つの対策として、ペダルの踏み間違いが発生した際、
警告音を鳴らして間違っていると示す方法があります。

多くのメーカーがこの方法を採用しており、
踏み間違いで警告音が自動的に鳴るようにしています。
ただ、ブレーキ自体は踏まれませんので、
余程のことがない限り自分でブレーキを踏んで対処するようにしましょう。

警告音だけを出しているメーカーの多くが、
自動ブレーキも一応機能としては取り入れています。

壁や人を検知してブレーキをかけるので、
ペダルの踏み間違いだけではブレーキが踏まれず、
最終的に建物などが近くに来てからブレーキをかけるような方法で対処しているのです。

従って警告音が鳴ってもアクセルはそのまま踏み続けられるのです。
簡単な方法ではありますが、
音に反応してブレーキではないものを踏んでいるのかもしれないと考えやすくなります。

警告音が鳴らされている場合は、
何か間違ったものを踏んでいないのかしっかりと確かめて、
ブレーキを自分で踏むようにしましょう。

警告音と同時にブレーキが作動する車種もある


近年は警告音だけではまだアクセルとブレーキの踏み間違いが発生すると判断して、
警告音と同時にブレーキがかけられるような機能を持つ車種が登場しています。

トヨタでは踏み間違いの問題に対処できる車種が増加しており、
警告音と同時にブレーキが作動し、
アクセルとブレーキの間違いが起きても動かないようにしています。

警告音だけでは、まだアクセルが作動する状態であり、
自動ブレーキをオフにしている場合はそのまま突っ込んでしまいます。
そうした問題が起こらないように、
ブレーキも警告音と同時に作動させて、問題なく止まるようにしているのです。

今後の車種の事故防止機能にも注目


事故防止という観点では、ブレーキがしっかり作動するという状況が非常に重要です。
近年は多くの車種が新しい機能を付けるようにしており、
特にトヨタではブレーキが一緒に作動する警告音も取り入れています。

より安心できる記述を備えている車が、今後の事故削減につながります。
しかし、まだ機能が実装されてない車種にお乗りの方々は、
そもそも運転中焦ってペダルを踏み間違えたりしないよう、注意して運転しましょう。

車の知識カテゴリの最新記事

にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村