【海外輸出】マニュアル車でも需要あり?日本のクルマが海外で人気の理由とは?

【海外輸出】マニュアル車でも需要あり?日本のクルマが海外で人気の理由とは?
マニュアル車でも需要あり?日本のクルマが海外で人気の理由とは?

「ボロボロのクルマでも海外に売れる!」そんな都市伝説的な話を耳にしたことがありませんか?

日本国内における中古車市場では、軽自動車なら10万km、普通車なら15万kmも走っていると二束三文にしかならない場合も多々あります。とは言え、よほどのツテを持っていない限り高値で売却することは難しいでしょう。

たまにテレビのバラエティ番組で“日本の中古車は海外で大人気!”のような内容が取り上げられています。確かに海外、多くはアジア圏では日本車をかなり頻繁に見かけます。むしろほとんど日本車じゃないか?と思うぐらい、ホンダやトヨタのクルマの数々が重宝されています。

では、国産中古車はどうしてそんなに海外で人気を集めているのでしょう?

2016年には118万台を輸出!東南アジアで日本車が大人気!

2016年には118万台を輸出!東南アジアで日本車が大人気!

仕事や旅などで東南アジアに行った際、あまりの日本車の多さに驚かれた方も少なくないでしょう。

筆者も実際にアジアの国々を渡り歩きましたが、フィリピン・タイ・中国・台湾・マレーシア・インドネシア・香港など、東南アジアのありとあらゆる国々で日本車は大活躍しています。とは言え、ほとんどの場合、一昔前のモデルだったり、お世辞にも綺麗とは言い難いものばかり。「これって整備されているのか?」とつい疑いたくなるようなボロボロのものまでありますが、兎にも角にも日本車は恐ろしいほど人気を集めています。

海外で日本車が人気の理由とは?

海外で日本車が人気の理由とは?

ではどうしてそこまで日本車人気が高いのでしょう?

まず考えられる理由として、日本の「車検制度」が挙げられます。

皆さんご存知の通り、日本の公道を走るクルマには2年に一回の車検が義務付けられています。国が定めた厳しい審査をパスすることで公道を走行できる訳ですが、その甲斐あってかクルマを良い状態に保つことができます。しかも長期間に渡って。ですので、そもそも日本の中古車市場の中でも高品質を保ち、高値で取引されると言う訳です。

つまり、「日本の中古車=程度が半端なく良い!」ということ。東南アジアのほとんどの国では車検制度が設けられておらず、程度の良い日本車を買って長く乗ると言うのが一般的だと思われます。

日本人の物を大切にする心が人気の秘訣

日本人の物を大切にする心が人気の秘訣

日本人って本当に物を大切にする民族だと思います。安価なものでさえ大切にする人種ですから、高額なものになればなるほど思い入れは強まるはず。クルマも例外ではなく、長年乗っているクルマでもピカピカに整備されているものもたくさんあります。

一方海外では、クルマは雨ざらし、ぶつけてもそのまま、壊れたら自分で修理など、アフターケアが行き届いていないケースが多くあります。

そのため、比較的程度の良い中古車を手に入れるルートとして日本車が選ばれると言う訳です。

日本は道路環境も抜群!

日本は道路環境も抜群!

東南アジア地域に行くと、未舗装の道路がまだまだ見受けられます。整備されていない道路をボロボロのクルマが走る…そんな光景珍しくもありません。

その点日本という国は、未舗装の道なんてほんの一部。クルマが走るであろう道路は概ねアスファルトで整備されているはずです。

もちろん、未舗装の道を走行することでクルマは傷みやすくなります。日本の中古車というのはそう行った道路状況で使われているので、比較的傷みが少なく中古車市場で流通しているということです。

まとめ

日本のクルマが海外で人気の理由として、

・車検のおかげで定期的にメンテナンスされる

・日本人の物を大切にする精神で高品質の中古車が多い

・道路環境が良いゆえ程度の良いクルマがたくさん流通している

などがありました。

他にも、乗り心地やデザインなども人気の理由として挙げられますが、やはり何と言っても日本車の『性能・耐久性』などが大きな原因ではないかと思います。

もしご自身が東南アジアに行くことがあれば、乗車するタクシーはきっと日本車です。そういった観点からも海外のクルマ事情を楽しむのも1つです。

中古車カテゴリの最新記事

にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村