クルマのオイル漏れを放置したらどうなるの?原因や対策は?

クルマのオイル漏れを放置したらどうなるの?原因や対策は?

クルマにはたくさんのオイルが使用されています。

ブレーキオイルやミッションオイル、デフオイルやパワーステアリングフルードなど、クルマの各所に使用されています。中でも、私たちに最も身近であるオイルが「エンジンオイル」でしょう。

エンジンオイルは、クルマの心臓部であるエンジンの働きを円滑にするもので、エンジン内部の冷却・潤滑・密封・防錆など、様々な作用をもたらしています。

そんなクルマの血液とも言えるエンジンオイルの漏れを放置してしまうとどうなってしまうのでしょうか?今回はそんなエンジンオイルが漏れだす原因と対策についてご紹介したいと思います。

オイル漏れの原因は?

エンジンオイルが漏れだす主な原因は、パーツの繋ぎ目にある“ガスケット”と呼ばれるイールパッキンの劣化で生じます。

エンジンは、金属製のパーツが組み合わさって出来ています。エンジン内のオイルが漏れるのを防ぐためには、金属パーツの継ぎ目にガスケットと呼ばれるゴム製のパッキンが使用されています。

もちろん、ガスケットはゴム製品なので、時間が経つにつれ劣化し、交換が必要となります。

万が一、ひび割れた状態のガスケットを使用し続けると、継ぎ目からオイルが滲み出します。ポタポタと垂れるまでには時間がかかりますが、滲み出してくる頃には恐らくガスケット交換が必須の状態でしょう。

オイル漏れの対策は?

万が一愛車のエンジンのオイルが折れていたらどうすれば良いのでしょう?

まず、初めに簡単にできる対策が「添加剤」を使用すると良いでしょう。

そもそも、エンジンをオイルが漏れた状態では、車検が通りません。そんな時に添加剤は活躍します。

添加剤は、オイルが漏れている部分を一時的に固めることができる漏れ止め剤で、カー用品店などで数千円程度から購入することができます。もちろん、軽度なオイル漏れを一時的に食い止めるものではありますが、車検は通るはずです。

しかし、あくまでも軽度なオイル漏れに効果があるものなので、オイルが滴っているようであればおすすめはしません。

重度の場合はすぐに修理へ!

もし、ご自身のクルマが重度のオイル漏れを生じている場合、今すぐに修理を依頼する必要があります。

そのままの状態で運転すると、整備不良により道路交通法違反の対象となる可能性が大きいほか、酷くなれば修理費も数十万円は必要となってしまいます。また、オイル漏れが原因で、エンジンを傷めることにもなりかねません。エンジンが破損してしまう前に早めの修理を行うのが賢明だと言えるでしょう。

オイル漏れをナメてはいけない!アレっと思ったらすぐに修理工場へ!

オイル漏れは突然起こります。初めのうちはオイルが滲み出す程度ですが、放っておくとポタポタと滴り、修理費も高く付く可能性が大です。

もし、ご自身の愛車のボンネットを開けた際、オイルが滲んでいるようであれば、黄色信号。すぐに最寄りの修理工場へ相談することをおすすめします。

修理カテゴリの最新記事

にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村