内気循環と外気導入とは?違いやメリット・デメリットをご紹介

内気循環と外気導入とは?違いやメリット・デメリットをご紹介

クルマのエアコンには、

・内気循環

・外気導入

の2つがあるのはご存知ですか?

何となく字面で予想が付く方もおられるかも知れません。どちらも車内に「空気を送り込む」という点では遜色ないのですが、両者とも空気を取り込む方法が少し異なります。

今回は、そんな内気循環と外気導入の違いについてお伝えしたいと思います。

また、それぞれのメリットやデメリットについてもまとめています。正しい使い方を知って安全に使用しましょう。

内気循環と外気導入の違いは?

ではまず初めに、内気循環と外気導入の違いについてご紹介したいと思います。

内気循環とは?

内気循環とは、車内の空気を回してグルグルと循環させることを言います。

クルマの前方には、外からの空気を取り入れるための吸気口があります。内気循環を使用する場合、あえてその吸気口を防ぎます。そうすることで、外の空気を取り込まず、車内の空気を回しながら循環させることができます。つまり、煙やホコリの侵入を防ぐことができるのです。

ただし、吸気口を防いだからと言って完全に外気を遮断できる訳ではないのでご認識を。

外気導入とは?

外気導入とは、その名の通り、外の空気を取り入れながらエアコンを作動させる方法を言います。車内にある空気を放出し、外の空気と入れ替えることで換気する仕組みです。外気導入では、車内にこもるモワッとした空気やニオイを換気することができ、新鮮な空気をクルマの中へ取り込むことができます。

それぞれのメリットやデメリットは?

内気循環、外気導入、それぞれにメリットやデメリットがあります。

先にも少し触れましたが、内気循環には、煙・ホコリ・花粉などを防ぐことができると言ったメリットがあります。他にも、外気をシャットダウンすることで冷暖房が効きやすいと言った利点も挙げられます。

それとは逆に、外気導入には、換気ができる・空気を入れ替えることで窓の曇りが抑えられる・酸素濃度を維持できるなどのメリットがあります。

それぞれに様々なメリットがありますが、その反面デメリットも挙げられます。

内気循環のデメリットは、空気の入れ替えができないため、長時間の運転の際は酸素濃度が低下する・それによって眠気が襲ってくるなどがあります。もちろん、ホコリなどを取り込まないので、綺麗な空間で過ごすことはできますが、長時間の内気循環は一酸化炭素が充満する恐れもあります。

また、外気導入のデメリットとしては、排気ガスなどを車内に侵入させてしまうことなどです。もちろん、新鮮な空気を取り込めることは間違いありませんが、渋滞などの際には、大量の排気ガスを車内に取り込んでしまう可能性があります。

それぞれのメリット・デメリットを知って適切なシーンで使い分けましょう

内気循環・外気導入、それぞれについてご理解頂けましたでしょうか?

それぞれにメリット・デメリットがあるので、利用シーンに応じて切り替えることがマストと言えます。

臨機応変に使い分けることで、快適なカーライフを実現しましょう。

車の知識カテゴリの最新記事

にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村