トヨタ新型センチュリーが登場!その全貌に迫る

トヨタ新型センチュリーが登場!その全貌に迫る

トヨタ センチュリーという車をご存知ですか?

現在では一般の方にも乗られている車ですが、発売当時には皇族や官公庁、企業の役員送迎の専用車として多く使用されていました。

今回は、我が国日本を代表する名車トヨタ センチュリーの魅力についてお話しさせて頂きます。
どうぞ楽しんで行って下さい。

センチュリーが21年ぶりにフルモデルチェンジ!

来たる2018年6月22日。あの往年の名車トヨタ センチュリーが21年の時を経て、フルモデルチェンジして発売となりました。
1967年の登場以来、半世紀以上に渡って私たちを魅了し続け、現在でも最高級乗用車として国内での地位を確立し続けています。

そんなトヨタセンチュリーも現行モデルで3代目。新型モデルのコンセプトは「匠の技」「高品質の物作り」「最先端技術」の3つのテーマが融合。コンセプトを守りつつ、近代的な高級感あふれるエクステリアに仕上がっています。

センチュリーを語る上で、やはり忘れてはいけないのが「贅の限りを尽くした内装」です。

  • 全高1505mmという常識を超えた天井の高さ、
  • 座り心地を極限にまで追求したアジャスタブルリアシート、
  • 大型ディスプレイ付きのエンターテイメントシステム&プレミアムオーディオ

など、
まさに贅の限りを細部に至るまで施した、最高級仕様車、それがトヨタ センチュリーという訳です。

V12エンジンを廃止!LS600hと同じV8ハイブリッドを採用

センチュリーの代名詞といっても過言ではない大排気量エンジン。
先代のセンチュリーまではV型12気筒DOHC5.0Lガソリンエンジンを搭載していました。

しかし、今回のフルモデルチェンジではV12エンジンを廃止。レクサスLS600hに搭載されているV型8気筒ハイブリッドエンジンが採用されています。

2代目センチュリーの課題であった7.6㎞/Lという決して良いとは言い難い燃費も、
現行センチュリーでは13.6㎞/Lにまで向上。
約5㎞/Lも改善されたという訳です。

また、少しでも静粛性が実現できるようボディのありとあらゆる隙間には防音材を、
エンジン発動時にはアクティブノイズコントロールが起動し、非常に高い静粛性を実現しています。

新型センチュリーの気になる価格は

この度発売された新型センチュリー、実は1グレードのみの販売となっています。しかも、製造工程は全て手作業。生産ラインでの製造ではなく、ひとつひとつ職人たちが丁寧に手作業で組み立てているのです。

そのため、新車販売価格は驚きの1,960万円。高級外車に引けをとらない価格となっています。

しかしながら、やはり手作業で製造されている点や贅沢すぎる内装、重厚なエクステリアデザイン、そのどれを取っても「相応な販売価格だ」と誰もが唸らざるを得ない、高級感溢れる仕様になっているのです。

いかがでしたか?今回は新型センチュリーの魅力についてご紹介しました。

発売当時から今もなお色褪せることなく燦然と輝き続ける名車、
それがトヨタ センチュリーなのです。

今後街中で見かける機会が増えてくると思います。

その時は、ぜひこの記事を読み返していただければと思います。

トヨタカテゴリの最新記事

にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村