制限速度がない!?ドイツにある自動車高速道路“アウトバーン”について

制限速度がない!?ドイツにある自動車高速道路“アウトバーン”について

「一度は制限速度を気にせず思いっきりスピードを出しみたい!」

そう思ったことはありませんか?

日本国内では、基本的に一般道50km/h、高速道路80km/hというような速度制限が設けられています。これは自身が運転するクルマだけでなく、周囲の人や物、もちろん周りを走るクルマの安全を確保するためにあるものですが、日本の道路で速度制限を無視した速さでクルマを走らせると、道路交通法違反で捕まってしまいますよね。

しかし、ドイツには「アウトバーン」と呼ばれる速度制限が設定されていない区間があるのです。今回は、そんな「アウトバーン」についてのまとめ記事をご紹介したいと思います。

アウトバーンは自動車高速道路

アウトバーンとは、ドイツにある制限速度がない自動車高速道路のこと。料金は基本的に無料で、ドイツ全土に網目状にアウトバーンは張り巡らされています。

地方などの小さな街や村を除けば基本的にどの地域にもアウトバーンは通っているので、遠出の際だけでなく隣街への用事など、チョイ乗りにも非常に重宝されています。

アウトバーンは一般的に2車線で構成されていますが、中規模程度の街では3車線、大都市ともなると4車線や5車線にもなる非常に大規模な自動車高速道路です。

もちろん高速道路なので信号や横断歩道などはないため飛ばし放題ですが、カーブが続く場所や工事区間など、一部のエリアでは制限速度が設けられています。

しかし、ほぼ全面的に制限速度がないので、速いもので200km/h近い速度で走行するクルマもちらほら見受けられます。

飛ばし放題!とは言え注意点あり!

“制限速度がなくスピード出し放題!”とは言え、実はアウトバーンには「推奨速度」というものが設定されています。これは、違反したからといって特に罰せられる訳ではないのですが、事故を起こした際に保険が効かなくなるケースもあるようです。

ちなみに推奨速度とは140km/hですが、万が一140km/h以上の速度で走行中に事故を起こしてしまうと運転者に過失割合が発生し、100%保険が降りなくなる場合もあります。

そのため、「制限速度がなく飛ばし放題!」とは言いますが、あくまでも自己責任だということです。

今回はドイツにある自動車高速道路「アウトバーン」についてまとめてみました。

ドイツ人はかなり堅実!私たちが思っているより飛ばさない!

初めてアウトバーンの存在を知った時、ドイツの方は200km/h以上でビュンビュン飛ばしているのかと思いました。

ただやはり、飛ばす=燃費が悪くなるという事実もありますし、事故のリスクも増えます。

そのため、意外と彼らは堅実で私たちが相応しているよりももっと現実的な速度で走行しているという訳です。

もしご自身がドイツに行かれることがあるのであれば、ぜひ一度アウトバーンを走行してみてはいかがでしょうか?きっと日本では体験できない経験をすることができるのではないかと思います。

車の知識カテゴリの最新記事

にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村