車庫証明ってなに?クルマ購入の前に知っておきたい取得方法を徹底解説!

車庫証明ってなに?クルマ購入の前に知っておきたい取得方法を徹底解説!

「車庫証明?聞いたことはあるけどよく知らないな…」

恐らく多くの方々が同じような思いでいるのではないでしょうか?

確かに普段クルマを運転していて目にするものでもないですし、そんなに頻繁に必要となるものではありません。

ただ、クルマを購入する・所有する際に車庫証明というのは必ず必要となる大切な書類です。今回は、そんな車庫証明の概要と取得&申請方法について解説したいと思います。

是非今後のクルマ購入の参考にしてくださいね。

車庫証明はなぜいるの?ないとどうなるの?

そもそも車庫証明とは正式名称を「自動車保管場所証明書」と言います。

クルマを購入すると必ず必要となってくるのが“自動車を保管する場所”です。簡単に言うと駐車場ですね。

当たり前の話ですが、クルマは公道(車道や歩道)に基本的には駐車してはいけません。一部例外はありますが、駐車禁止エリアにクルマを停めることで罰金や減点など、検挙の対象となってしまいます。また、自身の運転経歴が傷付くだけでなく、周囲を走るクルマや歩行者などに多大なる迷惑を掛け兼ねません。もちろん車庫法という法律で定められているからでもあります。

そこで、クルマを購入する際には管轄の警察署に「車庫証明」というものを申請する必要があります。

車庫証明には、「クルマをどこに保管するのか?」「周囲に危険が及ばないのか?」など、道路交通を円滑にし、危険を排除するといった目的があります。

また、そもそもの話にはなりますが運、輸支局で自動車登録を行う際に車庫証明は必ず必要になります。万が一車庫証明がないと登録が進められず、クルマをご自身の名義にすることができないのです。

よって、クルマを購入する際に車庫証明というのは必要になるということです。

車庫証明の取得方法は?

既に軽く触れましたが、車庫証明は管轄の警察署で取得することが可能です。警察署の窓口に行って「車庫証明を下さい」と言ってもらえれば大丈夫です。

車庫証明取得には、

・車検証に記載されている住所から保管場所までが2キロメートル以内である

・保管場所は道路から支障なく出入りができ、クルマ全体が収容できること

・クルマの所有者が保管場所を使用する権利を有する

などの注意点があります。

上記をクリアしていれば基本的に車庫証明は取得できるので、クルマ購入の際には事前に警察署で取得するようにしましょう。

手順を踏んでスムーズにクルマ購入を!

いかがでしたか?今回は車庫証明の必要性と取得方法について解説致しました。

とはいえ、実は全てのクルマに車庫証明が必要という訳ではありません。普通車であれば必須になる車庫証明ですが、軽自動車であれば車庫証明が要らない場合があります。これは管轄の地域によって異なりますが、都内であれば千代田区や新宿区などの地域では車庫証明がなくても登録を完結させられる場合があります。

まずはご自身が購入するクルマは普通車なのか軽自動車なのかを明確にし、車庫証明の有無を確認するようにしましょう。

未分類カテゴリの最新記事

にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村