苦手意識を克服!ペーパードライバーが心がけるべき3つのポイント

苦手意識を克服!ペーパードライバーが心がけるべき3つのポイント

「クルマの免許を取ったけど運転する機会がなかなかなくて」

ペーパードライバーの多くがそう語ります。地方に住んでいるならまだしも、都会に住む方にとって“クルマの運転”はつい疎遠になりがち。「免許は持っているけどクルマはほとんど運転しない」なんてことザラにあります。

しかし、それではいざと言う時に運転するのが怖くて仕方ありません。苦手意識が着いてしまって余計にハンドルを握るのが億劫になってしまいます。

そんな方のために、ペーパードライバーが心がけるべき3つのポイントをご紹介したいと思います。心当たりのある方はぜひ参考にして下さいね。

その1|どうして運転が怖いと感じるのか?

ペーパードライバーにとってクルマの運転は怖くて仕方ないもの。普段からクルマを運転している方からすると理解出来ない恐怖と戦っているのです。

ペーパードライバーが“クルマの運転を怖い”と感じる主な原因は以下の通り。

「目的地まで無事辿り着けるのだろうか…」

「周りに迷惑をかけないだろうか…」

「煽り運転の被害者になりたくない…」

「事故に遭わないだろうか…」

「道を間違えないだろうか…」

などなど。

1つ1つはいわゆる“慣れ”で解決できるものばかりですが、これらが集まって大きな「不安」になると言うことです。

その2|ペーパードライバーが抑えるべき心構えとは?

色々な不安が集まってなかなか運転に踏み出せないペーパードライバー。

では、もしクルマを運転するとなった場合、一体どのような心構えで臨むべきなのでしょうか?

まず初めに、クルマに乗り込む前の段階です。「クルマを運転する=目的地を目指す」ということ。ハンドルを握る前にしっかりとスマホや地図で目的地の場所を確認しておくと良いでしょう。また、目的地までの最短ルートを選ぶのではなく、できるだけ大通りを運転できるようなルートを見つけておくこともポイントです。もちろん渋滞や事故多発地域を避けるのもお忘れなく。

また、「自分は法定速度。後ろにクルマがいても焦らない」と、あくまでも自分の運転に集中するようにしましょう。万が一後ろのクルマが接近してきて怖いと感じるのであれば、路側帯に駐車し、追い越してもらうのもひとつ。できるだけストレスがない状態で運転するようにしましょう。

その3|ベテランドライバーと一緒にドライブ

ペーパードライバーが運転する場合、絶対に一人で運転することは避けましょう。運転に不慣れな状態では万が一の時に対処ができません。ですから、助手席には運転慣れしている家族や友人などに同情してもらうように。

あまりお喋りに夢中になるのも良くないですが、自身が好きな音楽をかけ、適度な会話を楽しみながら運転することで緊張がほぐれます。肩の力が抜け、リラックスした状態でハンドルを握ることで安全運転につながるということです。

まとめ

いかがでしたか?ペーパードライバーに必要なこと。それは「しっかりと計画を立て、いかにリラックスして運転できるか」ということです。

ベテランドライバーにとって「そんなもの簡単だ!当たり前のことじゃないか!」と思われるような内容かもしれません。

しかしペーパードライバーにとってクルマの運転というのは本当に命がけ。常にヒヤヒヤしながらハンドルを握っているということです。

もし周りにペーパードライバーがいるのであれば、ベテランらしくドライブに付き合って頂ければと思います。安全運転で楽しい時間を過ごしましょう。

車の知識カテゴリの最新記事

にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村