愛車のボディを長持ちさせる!カーコーティングの効果と必要性とは?

愛車のボディを長持ちさせる!カーコーティングの効果と必要性とは?

クルマ好きの皆さん、愛車を長く乗り続けるためにどんな工夫を行なっていますか?

定期的に点検に出す!車内はいつも掃除している!週末の洗車は欠かさない!など、工夫に仕方は人それぞれ。愛車をできるだけ良い状態で維持しようとするとそれなりの手間が必要ということです。

そんな数あるメンテナンスの中でも今回オススメしたいのが【カーコーティング】です!

カーコーティングには非常に多くのメリットがあり、本当にクルマを大切にしたい方には断然オススメです!そんなカーコーティングについて今回はまとめてみました。ご自身のクルマを長く乗り続けるために、ぜひカーコーティングを試してみて下さいね!

愛車のボディを長持ちさせるカーコーティングとは?

ガソリンスタンドなどでよく見かける「カーコーティング」ですが、一体どんなサービスなのでしょうか?

一般的に「クルマの手入れ」と言うと、“ワックスがけ”をイメージするのではないでしょうか?クルマの艶を出すにはもってこいなアイテム、それがカーワックスですが、実はデメリットもそれなりにあります。

低予算かつ素人でも扱いやすいカーワックスですが、クルマの塗装を痛める・汚れや水垢の原因になる・ガラスの油膜の元になってしまう…など、クルマの塗装の品質が上がるとともに以上のようなデメリットも囁かれるようになりました。

そこで誕生したのが今回ご紹介するカーコーティング。カーコーティングには、

【塗装の身代わりとなって紫外線やホコリなどからボディを守る!】

【洗車だけでOK!頻繁に施工する必要なし!】

【外装が傷まないので査定額がUP!】

など、非常に多くのメリットがあります。

その中でも特に注視して頂きたいのが

『塗装の身代わりになる!!』

と言う点です。

クルマの塗装面にとって何よりもの天敵が紫外線です。クルマのボディは紫外線を浴び続けることで艶をなくし、汚れやすく傷みやすいクルマになってしまいます。

そこで活躍するのがカーコーティング!カーコーティングを施すことで、クルマに新たな層(透明被膜。いわゆる日焼け止めやUVカットファンデーションのような役割)を作り出します。そうすることで、直射日光による紫外線から大切な愛車の塗面を保護することができ、ボディの劣化を防ぐことができます。要するに塗装の身代わりになると言うことです。

カーコーティングの有効期間は2年〜3年程度

カーコーティングは一度施工するとだいたい2年〜3年は有効と言われています。これはもちろん選ばれるコーティング剤やクルマの保管状況によって変わりますが、概ねそれぐらいはもつ計算です。

ただし、コーティングショップなどでは「5年・10年の有効期間!」と謳っている場合がありあますが、さすがにそんなにはもたないでしょう。「艶が無くなってきたなぁ。」と感じたら再度コーティングすることが愛車を長持ちさせるポイントかもしれません。

カーコーティング+マメな洗車でクルマ長持ち!

カーコーティングを施したからといって全く洗車をしないようではいけません。

せっかくコーティングで綺麗になった愛車です。頻繁に洗車を行なってあげることで、コーティングの有効期間UP+クルマの寿命が伸びると言うわけです。

ぜひ、ご自身の愛車を長持ちさせたいのであればカーコーティングを検討してみてはいかがでしょうか?

修理カテゴリの最新記事

にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村