軽自動車でも伸びているスズキスペーシア!モデルチェンジが影響?

軽自動車でも伸びているスズキスペーシア!モデルチェンジが影響?
http://www.kyushu-mitsubishi-motors.co.jp/information/detail/id/337/

軽自動車の販売台数は、トップにN-BOXが君臨し続けています。

2018年の上半期でも、N-BOXは唯一の10万台を売り上げており、
国内では圧倒的な販売台数を維持し続けています。

そのN-BOXに食らいつこうと上位に入ってきたのがスズキのスペーシアです。

スペーシアは2017年末にモデルチェンジが行われ、
新しいスペーシアへと変わりました。

この変更点がかなり好評で、前年度よりも4割近くも上半期で売上を伸ばしています。

Advertisement

家族向けに更に利用しやすい車へと変わった

http://www.kyushu-mitsubishi-motors.co.jp/information/detail/id/337/

スペーシアは元々ファミリー層をターゲットに開発された車です。

しかし、N-BOXに後塵を拝すようになり、
徐々に人気が下火になったとも言われていました。

そこでスズキはモデルチェンジを敢行し、
より家族向けに運転しやすい車へと変えたのです。

まず全体的にボディーを丸く見せるようにして、
女性に親しみやすいデザインへと変えると同時に、
カラーバリエーションを増加させました。

上下で異なるカラーも可能になり、
色々なカラーのスペーシアを販売させられるようになりました。

また、車内のシートを移動しやすくして、
自由な形に変更可能にしました。

これまでは一定の距離までしか詰められなかったシートも、かなり前席に近づけられるようになり、
家族の距離を近づけるようなシート構成に変えたため、より会話などが行いやすくなりました。

スペーシアは車高にも気を遣っており、
これまで子供が乗り降りしづらい高さをかかえていましたが、
モデルチェンジによって車高が下がり、乗り降りが行いやすくなりました。

この部分はN-BOXに対抗して変更した要素です。

安全設備も揃えられてより安心な運転へ

スズキの安全設備はスペーシアに全て導入されており、
スズキセーフティーによってもしもの事故を防止しています。

レーダーブレーキサポートはバックの際にも発生するように変更され、
ちょっとした事故も防止できるようになりました。

また、フロントガラスに投影されるディスプレイをスペーシアでは採用しています。

必要な情報はディスプレイに表示されるので、あらゆるところを見渡す必要がありません。

このディスプレイを動かすために、スペーシアには全方位に対応しているカメラが装着されています。

もちろん燃費面での改善も図られていますし、
モーターによって静かに走り出せる車へと変えられました。

こうしたスペーシアの安全設備や燃費という部分も劇的に変更され、
より多くの方が満足できる車へと変わったのです。

今後さらに売上台数を伸ばす可能性は十分にあるでしょう。

なぜN-BOXが人気?その理由は見た目と機能性?

未分類カテゴリの最新記事

にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村