誰もが知るあの国道が!「日本一」が付く国道ランキング4選

誰もが知るあの国道が!「日本一」が付く国道ランキング4選

世の中には「日本一」と謳うものが数多く存在しています。

テレビなどであまり取り上げられることはありませんが、
実は私たちが普段使用している『国道』にも日本一と付く道がたくさんあります。

今回は、数ある中から厳選して「日本一が付く国道ランキング4選」をご紹介したいと思います!
珍しいものから思わず驚いてしまうものまで、特徴的な国道ばかりをまとめてみました。

日本一短い国道|兵庫県神戸市

日本一短い国道
wikipedia

まず初めにご紹介するのが、
兵庫県は神戸市中央区にある“日本一短い国道”です。

日本一短い国道は、神戸港付近にある国道174号線

その距離わずか187.1メートルです。
1868年より貿易が盛んであった土地柄、
ヨーロッパ風の趣のある建築物が立ち並ぶ旧居留地エリアにある174号線は、
徒歩でもわずか数分で歩き切ってしまうほどの短さ。

神戸税関付近にある看板には「日本一短い国道」と書かれた看板もあるほどです。
神戸にお越しの際は、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

日本一勾配の大きい国道|大阪府東大阪市〜奈良県奈良市

日本一勾配の大きい国道
wikipedia

日本一勾配の大きい国道は、
大阪府東大阪市と奈良県奈良市を繋ぐ国道308号線
生駒山地にある308号線、通称 暗峠(くらがりとうげ)は、
両県を直積的かつ最短で結ぶ大変利便性に優れた一般道です。

こちらの308号線は、動画サイトでも度々取り上げられるほどの勾配を誇っており、
2.4kmの距離ながら標高差は401m。平均勾配は17度で、最高勾配は31度とも言われています。

走行に慣れている地元民であれば平気ですが、
運転に不慣れなドライバーが挑むとタイヤが滑って怖い思いをする場合があるとか。

あまりに急勾配なため“酷道”と称されるほど、高低差のある国道です。

日本一交通量の多い国道|神奈川県横浜市

交通量の多い国道
wikipedia

神奈川県横浜市旭区の国道16号線保土ケ谷バイパスは、
日本一交通量の多い国道として知られています。

平日の昼間に走るクルマの量は12時間でおよそ103,000台!
神奈川県横浜市と東京都町田市を結ぶ路線のため、
一般車のみならずバスやトラックなどの交通量も桁違い。

片側3車線の道路がピークタイムには埋め尽くされるほどの交通量です。

こちらの16号線は、交通量が多く渋滞しやすい箇所を迂回するために作られた国道ですが、
利便性の高さから渋滞頻度もかなり高く平日の昼間でも渋滞していることが多々あります。

あまりにクルマの量が多いため、万が一走行される場合は事故などに注意しましょう。

日本一標高が高い国道|群馬県吾妻群〜長野県下高井郡

標高が高い国道
wikipedia

最後にご紹介するのは日本一標高が高い国道です。
国道292号線は、群馬県五妻群と長野県下高井郡を結ぶ一般道。

別名 渋峠と呼ばれており、クルマでのドライブやバイクでのツーリングに人気のエリアです。

1965年に志賀草津道路(有料道路)として開通しましたが、
1992年に無料開放化。国道292号線として組み込まれました。

標高は2172mを誇り、群馬県側からは草津温泉街が、
長野県側からは志賀高原や湯田中渋温泉郷などを眺めることができます。

あまりに標高が高く積雪量が多いことから、
毎年11月初めから4月の終わり頃まで閉鎖されるのでご注意を。

Advertisement

旅行の際はぜひ日本一の国道へ

国道にもたくさんの日本一がありましたね。
旅行やビジネスなどで今回ご紹介した国道を通る場合、
ぜひともこの記事を思い出して頂ければ幸いです。

また機会があれば日本一の国道シリーズ、ご紹介したいと思います!

その他カテゴリの最新記事

にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村