メーカーによる違いはあるの?タイヤメーカー別特徴まとめてみました!

メーカーによる違いはあるの?タイヤメーカー別特徴まとめてみました!

「タイヤ」と言えば、クルマを走らせる上で絶対になくてはならない存在です。

一口に「タイヤ」と言っても、世界中には非常に多くのタイヤメーカーがあります。国産メーカーで言えば、ブリヂストンやヨコハマタイヤ、ダンロップやトーヨータイヤなどが有名どころ。

世界に視野を広げると、ミシュラン、グッドイヤー、ピレリ、コンチネンタルなど、誰もが一度は耳にしたことがある社名が名を連ねます。

世界中に数多あるタイヤメーカーですが、メーカーによってどんな違いがあるのでしょう?

今回は、タイヤメーカーの王道である「ブリヂストン」「グッドイヤー」「ミシュラン」の3つの焦点を当てて、特徴を解説したいと思います。

ブリヂストンタイヤの特徴とは?

「ブリヂストン」という名前は、誰もが一度は耳にしたことがあるタイヤメーカーでしょう。

ブリヂストンは、東京都中央区に本社を置く国産タイヤメーカーです。

ブリヂストンのタイヤは、

『車両の重量を支える・駆動力・制動力を伝える・路面からの衝撃を和らげる・方向を転換・維持する』の4つの役割と

『直進安定性・ドライ性能・ウェット性能・低燃費性能・ライフ性能・静粛性・乗り心地』の7つの性能が基本となって製造されています。

非常に万能的な性能を誇るブリヂストンタイヤは、セダン、クーペ、ミニバン、SUV、コンパクトなど、ジャンル問わずあらゆるボディタイプでその性能を発揮し、世界販売本数No.1にも輝く国内きってのタイヤメーカーです。

グッドイヤータイヤの特徴は?

グッドイヤーは、ブリヂストンやミシュランなどと並ぶ、世界最大のタイヤメーカーです。

グッドイヤータイヤの大きな特徴として、強靭な耐久性と高い燃費性能が挙げられます。

グッドイヤーと言えば、アメリカで設立されたタイヤメーカーです。アメリカと言えば、広大な土地を有する大国で、延々と続く長い道を走るにはグッドイヤータイヤのような耐久性・戦費性能が必須となります。

日本国内では、主にピックアップトラックや大型SUVに使用され、遠出をする方向きのタイヤと言えるでしょう。

また、硬めの素材を使用しながらも静粛性や乗り心地にも優れ、非常に評判の良いタイヤメーカーとして人気を集めています。

ミシュランタイヤの特徴は?

「ミシュラン」と聞くと三ツ星レストランなどを紹介する「レッドガイドブック」を思い位浮かべる方も多いことでしょう。

ミシュランは、フランスに本社を構えるタイヤメーカーで、以前は世界で最もシェアを獲得しているタイヤメーカーでした。

2005年にその座をブリヂストンに明け渡しましたが、高い技術性能は今でも健在。現在の自動車社会の礎を築いたタイヤメーカーのひとつです。

ミシュランタイヤの特徴は、静粛性や燃費性能、耐久性や乗り心地など、どれを取っても非常に高い水準を誇るということです。

特にミシュランタイヤは、摩耗に強く、非常にロングライフで使用できると言われ、環境にも優しいタイヤであると言えます。

また、ミシュランタイヤは幾度となくテストを繰り返すことが有名で、毎年16億メートル以上もクルマを走らせて、完璧なタイヤづくりに徹しています。

どのメーカーも非常に高性能!好みのタイヤはどれ?

本日は世界的有名なタイヤメーカーである、ブリヂストンタイヤ、グッドイヤータイヤ、ミシュランタイヤの特徴について解説致しました。

ご自身のニーズに合ったタイヤはどれでしたか?特徴を掴んで、あなただけの走りを手に入れて下さいね。

パーツなどカテゴリの最新記事

にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村