クルマ好きから子供まで♪家族揃って楽しめる「トヨタ博物館」とはこんな所だ!

クルマ好きから子供まで♪家族揃って楽しめる「トヨタ博物館」とはこんな所だ!


@page { margin: 2cm } p { margin-bottom: 0.25cm; direction: ltr; line-height: 115%; text-align: justify; orphans: 0; widows: 0 }
引用元:トヨタ博物館HP

週末に家族揃って「トヨタ博物館」にお出かけしてみませんか?

トヨタ博物館にはクルマ好きのパパさんからわんぱくな子供さんまで家族揃って楽しめる環境がいっぱい。マニアックなクルマを見たり工作イベントに参加したりと、思う存分クルマを通じて楽しむことができます。

今回は、そんなトヨタ博物館の魅力についてご紹介。ぜひ週末や大型連休などの時間を使って足を運んでみて下さいね♪早速参りましょう。

トヨタ博物館には数々の名車がいっぱい


引用元:トヨタ博物館HP

愛知県長久手市にあるトヨタ博物館は、1989年のトヨタ自動車創立50周年を記念して建てられました。

こちらの施設は、本館・新館に分かれておりトヨタ車を始めとする世界中のクルマ約140台が展示されています。世界と日本の自動車産業の歴史と共にクルマの進化やレトロ車の展示まで、クルマのありとあらゆる過程を見ることができる施設です。

本館1階のシンボルゾーンにはトヨタ自動車で初めての生産型乗用車「トヨタAA型」が展示。2階・3階にはトヨタ、ベンツ、フォードなど名車の数々や、今では見ることのできない蒸気自動車や人力車なども展示されています。

また、新館の1階には1905年製の「スイフト9HP(イギリス製)」や1907年製の「ローバー6HP(イギリス製)」など、まるで映画の世界から飛び出してきたかのようなレトロなクルマや、愛知万博で出展された近未来型のクルマ「トヨタ i-unit」や「トヨタ i-REAL」などのコンセプトカーも展示。屋上階には1970年ごろに活躍した「トヨタ ボンネットバス FB80型」など、懐かしの名車も見ることができます。

展示車だけじゃない!トヨタ博物館には子供が楽しめる施設もいっぱい


引用元:トヨタ博物館HP

トヨタ博物館には、お子様も楽しむことができる施設がたくさん整っています。

本館1階の情報コーナーでは、パソコンを使って収蔵資料の検索や閲覧、ミニカーギャラリーや車両の走行シーンが楽しめるエリアがあります。

また、新館1階にはトヨタボンネットバスやスイフト9HPなど、誰でも自由に乗車できる体験コーナーもあります。ご家族揃って記念写真を撮るには最適で、クルマ好きのパパさんも一緒になって楽しめる環境があります。

もちろん施設内には「ミュージアムレストラン AVIEW」という食事を楽しめる場所が常設されているほか、「ミュージアムカフェ CARS &BOOKS」では、本を片手に紅茶やコーヒーを飲みながらゆっくりとした時間を過ごすこともできます。

家族揃ってトヨタ博物館へ行こう

クルマ好きのパパさんやお子様、ゆっくりとした時間を過ごしたいママさんまで、トヨタ博物館では家族揃って楽しむことができる環境がたくさん整っています。

名古屋駅から公共交通機関を使っても約40分、お車で利用の場合は名古屋瀬戸道路 長久手ICより400mとアクセス抜群。月曜日及び年末年始が休館日となりますが、普段の土日などは開館しているので、ご興味ある方はドライブがてらに是非とも足を運んでみてはいかがでしょうか?ご家族揃って素敵な体験ができますよ♪

トヨタ博物館公式ホームページはこちら♪

その他カテゴリの最新記事

にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村