あなたの街にも必ずある!トヨタ部品共販とは?

あなたの街にも必ずある!トヨタ部品共販とは?

街中で「トヨタ部品〇〇共販」と書かれたトラックを見たことはありませんか?

筆者が住む街では、週に何度かこの「トヨタ部品〇〇共販」と書かれた2tトラックを見かけます。

彼らは、トヨタの純正部品をディーラーや物流倉庫に配送する運輸のスペシャリストで、全国各地にその活動拠点はあります。

そんな彼らが取り扱うパーツの品々が保管されているのが「トヨタ部品〇〇共販」という物流倉庫です。今回は少しマニアックにはなりますが、トヨタ純正部品を取り扱う「トヨタ部品共販」についてご紹介したいと思います。

トヨタ車の交換パーツは愛知工場で製造されている

トヨタと言えば愛知県が発祥だと言うのはご存知ですよね。

クルマの本体やそれにまつわるパーツ、純正オイルや純正ホイール、ワイパーなどの消耗品に至るまで、愛知工場で生産されています。

もちろん、各都道府県にある協力会社の手によって製造しているものもありますが、バンパーやドアパネル、HVバッテリーやヘッドランプなど、馴染み深いパーツは概ね愛知工場で製造されています。

愛知工場で造られたパーツは各都道府県の共販に集まる!


トヨタ部品静岡共販株式会社

バンパーやドアパネルなど、愛知工場で製造された純正パーツは、一旦「トヨタ部品共販」と言う物流倉庫に保管されます。このトヨタ部品共販というのは、トヨタ自動車の子会社で、全国各地に34箇所の拠点が設けられています。

各拠点には、トヨタ車の純正バンパーやドアパネルなどの大型パーツをはじめ、ネジやワッシャーなど極小パーツまでをおよそ3万点も常時保管しています。

全国にあるカローラ店やネッツトヨタなどから依頼を受けた共販は、店舗ごとに依頼されたパーツを集め、トラックに乗せて配送するという流れ。

つまり、「トヨタ車を修理する」となったら、共販から仕入れたパーツで修理するということ。愛知工場で製造しているパーツのほとんどが共販で保管されているため、事故や修理の際には必ず共販に依頼が入るという訳です。

トヨタ部品共販にも繁忙期はある!


トヨタ部品新潟共販株式会社

トヨタ部品共販が忙しいということは、修理依頼が増えているということ。基本的に、3月は修理依頼が増える時期。事故やメンテナンス依頼が殺到するのも3月です。

つまり、ディーラーの繁忙期=トヨタ部品共販の繁忙期ということ。3月は倉庫内も非常にバタバタし、物流量が格段に増えるという訳です。毎日のように何万点ものトヨタ純正パーツが各ディーラーに届けられ、パーツ交換やオイル交換など、トヨタ車を陰で支えているのです。

あなたのクルマのパーツ、トヨタ部品共販の物かも?

今回は少しマニアックなテーマ「トヨタ部品共販」についてご紹介しました。

もしご自身がトヨタ車オーナーであれば、恐らく修理依頼したパーツはトヨタ部品共販から届いたものです。もし、街中でトヨタ部品共販のトラックを見かけることがあれば、この記事を思い出して頂けると幸いです。

未分類カテゴリの最新記事

にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村