トラクションコントロールを切るタイミングがある?冬場は切ったほうがいいかも

トラクションコントロールを切るタイミングがある?冬場は切ったほうがいいかも


車にはトラクションコントロールが搭載されています。
常に起動しているトラクションコントロールは、
発進・加速時のタイヤの空転を防止、調整するため使われます。

トラクションコントロールを作動させておけば、濡れている場所でも安心して運転できます。
しかし、トラクションコントロールを切ったほうがいい場面もあります。

トラクションコントロールを切らなければならない場面は冬場に多く、
特に雪道走行を行う際にはとても重要です。

雪道走行で埋まった場合は解除したほうがいい


雪道走行を続けていると、深い場所に入り込んでしまい、車が出せない問題も発生します。
車を雪道から出せない場合、レッカーなどを使わないとなかなか車が進まないという事態が発生します。

つまり雪道走行では、なるべく雪が深い場所は走らないほうがいいのです。

しかし、路面状況が良くない場合、場合によっては雪の深い場所を走らなければなりません。

その際にトラクションコントロールを切ったほうが走りやすい傾向もあります。

トラクションコントロールは自動的にエンジンパワーを制御している傾向が多く、
本来であれば車を出せる能力があるのに、車のパワーを制御されてしまうのです。

そこでトラクションコントロールを切り、パワーを最大限に発揮できるように調整します。
パワー最大限まで引き上げられれば、問題なく雪道から出せる場合もあるのです。

もしタイヤが空転して前に出せないような状況が続いているなら、
トラクションコントロールを切るようにしてください。

トラクションコントロールは雪道以外では使っておこう

トラクションコントロールを切るのは、雪道走行だけにとどめておきましょう。
他の場面ではトラクションコントロールを付けておかないと、
道でスリップして挙動がおかしくなり、壁に激突する危険性もあります。

トラクションコントロールは普段の走行では使い、雪道走行で走れなくなった場合のみ切るように心がけましょう。
雪道走行というのは、特殊な環境下で走っている状態です。トラクションコントロールを作動させてもあまり効果が見られなかったり、パワーを引き出せないために進まない問題も発生します。その時だけトラクションコントロールを切るようにして、普段はトラクションコントロールを使って安全な走行を続けましょう。そして雪道から脱出出来たら、トラクションコントロールはスイッチを入れて戻しておきましょう。

車の知識カテゴリの最新記事

にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村