【高速道路】渋滞の原因とは一体?厄介な渋滞のメカニズムをご紹介

【高速道路】渋滞の原因とは一体?厄介な渋滞のメカニズムをご紹介

【高速道路】渋滞の原因とは一体?厄介な渋滞のメカニズムをご紹介
大型連休や行楽シーズンになると、
毎年恒例のように「◯◯高速道路が20キロ渋滞中!」などのニュースを目にします。

渋滞に巻き込まれると、
せっかく楽しみにしていた予定が台無し!
トイレを我慢したり疲労困憊だったりと、百害あって一利なしです。

しかしよくよく考えると、渋滞の原因とはなんなのでしょう?
今回はそんな疑問を解決して行きたいと思います。

まずは予備知識!渋滞の定義とは?

まずは予備知識!渋滞の定義とは?
「渋滞!渋滞!」とはよく耳にしますが、実は渋滞にもしっかりとした定義があります。
渋滞とは、
『時速40km以下での低速走行、あるいは停止発進を繰り返す車列が1km以上&15分以上継続した状態のこと』
と言います。つまり、ニュースなどで見る20キロ渋滞などは「大渋滞」ということです。

渋滞の先頭ってどうなっているの?素朴な疑問を解決


高速道路で渋滞にハマると「先頭はどうなっているんだ!」
とイライラした経験がある方も少なくありません。
高速道路で起きる渋滞の原因は大きく分けて3つ、
・事故渋滞
・工事渋滞
・交通集中渋滞
があります。

特に大型連休や行楽シーズンなどで起こる渋滞が「事故渋滞」と「交通集中渋滞」です。

二者は読んで字の如く、
交通事故から発生する渋滞と多くのクルマが集まって起こる渋滞のこと。

中でも、渋滞の原因の約7割が「交通集中渋滞」によるものだそうで、
道路の容量を超えたクルマが集まることで発生してしまいます。

交通量が多い道路を走ることで、
【自然と車間距離が縮まる→ブレーキを踏む→後続車も釣られてブレーキ→渋滞】
という負の連鎖が起こってしまいます。そのようにして渋滞が発生してしまうのです。

交通事故や工事などがない場合、特に先頭を走るクルマが遅く走行している訳ではなく、
人間の本能としてブレーキを踏み、やがて渋滞が発生しているということです。

上り坂で渋滞が発生する傾向あり!

高速道路では、下り坂から上り坂に差し掛かる部分(ザグ部)
で渋滞が起こりやすいという風に言われています。

下り坂では、アクセルを踏んだ以上の速度が出ますが、
上り坂に差し掛かるとクルマは減速してしまいます。

この時、前を走るクルマとの車間距離を確保するためにブレーキを踏むため、
それが連鎖してドンドン渋滞が起こってしまうという訳です。

ちなみにトンネル付近でもこの連鎖は起こりがちで、
ザグ部+トンネルがある中国自動車道宝塚トンネル付近は全国的にも有名な渋滞スポットです。

大型連休は渋滞と気長に付き合いましょう

大型連休は渋滞と気長に付き合いましょう
今回は渋滞の原因についてご紹介しました。
とは言え、やはり大型連休や行楽シーズンともなると多くの人たちが高速道路を使って遠出するものです。

「渋滞に引っかかってしまった!」とあまりカリカリせず、
時間に余裕を持って気長にドライブを楽しむのが賢明です。

せっかくの楽しいドライブです。前もってしっかりと予定を立て、渋滞をうまく向き合って行きましょう!

車の知識カテゴリの最新記事

にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村