軽自動車にはなくてはならない!ターボの仕組みを解説します!

軽自動車にはなくてはならない!ターボの仕組みを解説します!

雑誌やテレビCMなどでよく「ターボ」という言葉を目にします。

ひと昔前にはあまり普及していなかったターボも、最近ではほとんどのクルマで搭載されるようになりました。

しかし、「ターボ、ターボ」とは言うものの、実際に仕組みや構造はどのようになっているのでしょうか?今回はそんな「ターボ」についてご紹介したいと思います。

ターボ=ターボチャージャーの略語!スポーツカー向けの機構だった

クルマに詳しい方、あるいはそうでない方も「ターボ」という言葉は聞いたことがあるかと思います。この「ターボ」というワード、実は正式名称を「ターボチャージャー」と言い、日本語に直訳すると「過給機」となります。

ターボチャージャーとは、エンジンを構成するパーツの1つである“シリンダー”へ強制的に空気を送り込む機構のことを指します。送り込まれた空気が圧縮されることで、排気量以上の大きなパワーを生み出すことができます。

もともとターボは、スポーツカーなどのパワーが必要な車種に採用されるのが一般的だったため、軽自動車やコンパクトカーなどに搭載されることはありませんでした。

また、ターボを搭載するとなると製造コストが大幅に増えてしまうので、一部の車両を除いては採用されることはありませんでした。

ターボの仕組みとは?

「ターボ=排気量以上のパワーを生み出す機構」と分かった所で、ターボの構造についてご紹介したいと思います。

そもそも自動車のエンジンは、燃料を燃やしてできた排気ガスをマフラーから排出する仕組みになっています。それを繰り返すことで、クルマは持続的にエネルギーを供給することができ、走り続けられるという訳です。

従来の流れであれば、生成された排気ガスは即座にマフラーから排出されるのですが、ターボの場合は少し違います。

まず、生成された排気ガスを“タービン”と呼ばれる回転式の原動機に送り込みます。送り込まれた排気ガスを受けて“コンプレッサー”と呼ばれる風車型の機構が回り出し、空気を圧縮してエンジンへと送る働きを行います。

この時、エンジンへ送り込む空気の量が増えることでより大きな爆発を起こすことができるので、排気量以上のパワーを得ることができるという訳です。

つまり、軽自動車などの排気量の小さなクルマでもターボを搭載すれば、普通車のようなパワフルな走りを実現することができるという訳です。

今の軽自動車にターボは当たり前!あるのとないのとを乗り比べてみよう!

ターボは、シリンダーの中へより多くの空気を送り込むことで、排気量以上のパワーを作り出すことができる機構です。

もし、軽自動車の購入を考えている方であれば、一度ターボ車、ノンターボ車を乗り比べてみると良いでしょう。きっとその違いに気付くはずです。

未分類カテゴリの最新記事

にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村